コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

JFK(1991/米)************

★3じっくり見る映画なのだが、いかにも長くつらい。しかし、オリバー・ストーンの一貫した姿勢は評価できる。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★5ケビン・コスナーの最終陳述迫力ありました。彼の作品で一番ということにしておこう。 [review] (RED DANCER)[投票(1)]
★4歴史的事実を描いた作品かと思ったらトンデモ説の話でした。でもドラマとして面白かったから良し。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3法廷シーンは説得力があったが,これだけ込み入った内容を3時間ちょっとで見せるのは厳しい。 [review] (ワトニイ)[投票(1)]
★4目が回った。 (G31)[投票(1)]
★4観た後、気になって色々本を調べた。良かれ悪しかれ問題提起として受け取るべき映画。 (はしぼそがらす)[投票(4)]
★4歴史的事件を扱っているが、仮にそうでなく、まったく架空の暗殺事件を扱った映画としても、よくできていて、けっこう面白いサスペンスだと思う。 [review] (シーチキン)[投票]
★4時代考証・映像の効果・豪華俳優による迫真の演技、全てが計算され尽くされている。長い点が珠に瑕でマイナスだがその間、観るこちらも「事件の目撃者」となれる。「映画」を超えた映画。 (d999)[投票(1)]
★4長い物には巻かれろ。長すぎて巻かれすぎて大本がわかんなくなっちゃうくらいの衝撃。アメリカの戦争好きなのが、よくわかる。それが大本なんだろうけど。 (らーふる当番)[投票]
★5撮影済フィルムを10分の1に圧縮したかの如き圧倒的な物量とコラージュ映画とでも言うべき編集の衝撃。既存ポリティカルフィクションの何とも似てない斬新さ。加えて新旧の偏愛役者で塗り固めた真中にスターコスナーを置き虚をも実として押し切る力業。 (けにろん)[投票(2)]
★3どうでもいいけど長すぎ。 (桜桃)[投票]
★3編集は見事。しかしそれでも映画を冗長に感じた。 (赤い戦車)[投票]
★5オズワルド役のオールドマンは、やばいくらいに「似すぎ」。 (JEDI)[投票]
★3よくぞアメリカ最大の汚点に焦点を当ててくれた!だが現在もなお、この時のアメリカから脱却できずにいる現状。 (TO−Y)[投票]
★4事実はどうあれ、この監督の、観客をどんどん映像に引き込んでいく力は凄いと思う。 (地球発)[投票]
★4外面のそっくりさんより、内面のそっくりさんを選んだのが正解。 (りかちゅ)[投票(1)]