コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

恐怖の報酬(1977/米)************

★3フリードキンともあろう方がなぜわざわざリメイクしたんだろうね。 (chokobo)[投票]
★4消化になぜニトログリセリン?学生の頃見た時こんな素朴な疑問を感じていた。バック・トゥ・・・のプルトニウム?と同じ疑問。その時とばかりは科学の教科書を読んだものです。ジャングルの橋をただ渡るだけでもドキドキして観た。でも前作の方が好きだなぁ。 (かっきー)[投票]
★4面白かったのですが、ワン・アイデアで押し通したクルーゾー版と比べると、ややサスペンス性が希薄になった感じです。 [review] (kawa)[投票(1)]
★3悪くない、悪くないリメイクだが… [review] (モモ★ラッチ)[投票]
★4密林の深遠な緑が豪雨と相俟る吊り橋渡河シーンはその重量感と傾斜の絶妙が神業で映画遺産級。最果てまで来ちまった感もオリジナルを凌駕し仏人クレメールの「望郷」はギャバンのそれより切実で泣ける。そして醜女とのダンスが奈落を彩るアイロニー。 (けにろん)[投票(3)]
★3力ずくで見るものに集中を強いるクルーゾー版に対して、エピソードを膨らませて見せ場を盛り込むフリードキン版。やはり見たかったのは純度の高いサスペンス映画であって、当時はやりのパニック映画の傍流ではなかったのです。緊張感の質がぜんぜん違った。 (ぽんしゅう)[投票]
★4オリジナルは原作の主人公のキャラクターをふくらませ、リメイクはさらにその背景を具体的に描いてみせた、という興味深い連鎖が見られる。後半の演出がスリラータッチではなく恐怖映画的なのも面白い。 ()[投票]