コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

座頭市海を渡る(1966/日)************

★3タイトルからしててっきり外国にでも行くのか?と思っていたのだが、要するに四国が舞台だったのね。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3序盤、安田道代に出会うまでがやたら冗長。景色(望遠)や足元(股下からのローアングル)ばかり写す池広演出にウンザリ。中盤は新藤節全開。一から十まで台詞が説明的過ぎる。市が最大のピンチを迎える終盤の決闘は悲壮感漂い興奮度も高いが、どうせ『真昼の決闘』を模すならタイムリミットの設定も忘れて欲しくなかった。 [review] (町田)[投票]
★2どこぞの柔な保安官と違って、座頭市はとてつもなく強いのです。たかが馬喰一党などに絶対に負けるわけがないのです。罪悪感にさいなまれようが、純な娘にほだされようが、敵を前に勝手に身体が反応するのが座頭市。だから『真昼の決闘』は成立しないのです。 (ぽんしゅう)[投票]