コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

緑の光線(1986/仏)************

★3普通の娘が、普通の友達と普通に自分本位に付き合い、普通の家族と普通に距離をおいて接し、普通の休暇を普通に不器用に過ごす、ごく普通の生活。その中の意外に深い孤独感が、よく描かれている。こんな普通の娘を演じるのは意外に難しいかも。それと、 [review] (ジェリー)[投票(2)]
★5このラストは矢っ張り凄い。眺める二人とのカットバック(リバースショット)のタイミングが凄い。ここに至る迄のフラストレーションを全て消し飛ばしてしまう。ロメールは凄い。 (ゑぎ)[投票(4)]
★4緑の光線は、きっと誰にも見えない、のだけれど、絶対見える、と思いたくなるラスト。感動した。 (動物園のクマ)[投票]
★5「イライラして途中で見るのをやめた」という友達がいた。気持ちはよくわかる。しかし、彼女は大変な過ちを犯したと思う。やはり映画は最後まで見るものだ。 (ナム太郎)[投票(3)]
★5街角で“偶然”に拾った空想まがいの「緑のカード」で運命など変わるはずもない。一方「緑の光線」は自然の摂理の“必然”なのだ。ただ“必然”を得るには、少しの“思い切り”と“偶然”の出会いが必要なのだ。妥協と努力のほどい良い調和が、幸福と充実の芽。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★5まるで自分がその作品の中に存在していたような不思議な現実感をロメール作品を見るたび感じる。98分フランスの旅・・・あなたもいかがですか。なんてね。 (AKINDO)[投票(1)]
★4こんな状態に陥った人物を映画にする事自体がそれまで無かったんじゃない? [review] (甘崎庵)[投票]
★5他人の価値観に踏み込もうとして対話からも画面からも締め出されてしまう。孤独を逃れようとしてすべてを逃げ散らせてしまう。本当に痛々しい憐れな憐れなデルフィーヌ。それでも少しづつでも自分を変えてゆければ、いつかは「緑の光線」が見えるんだぜ。 [review] (町田)[投票(4)]
★3なんとまあ栄養の悪そうな女優さんだなあ。 (G31)[投票(1)]
★5このヒロイン好きです。 (太陽と戦慄)[投票]
★5ラストシーンでの、場内にただよう緊張感が忘れられない。 [review] (tredair)[投票(10)]
★5ささやかな、希望の光。 [review] (くたー)[投票(8)]
★416ミリの即興で撮ったということもあり、それまでに比べるとえらくルーズになった印象を受ける。しかしラストのカットバックや撮影場所の選定を観れば分かるとおり、本作もまた実に厳格。それにしても、面倒な女である。 (赤い戦車)[投票]
★3デルフィーヌ、映画史上最も面倒くさい女。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3日本では北海道が見やすいらしい。 [review] (coma)[投票]