コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

ダイアモンドは傷つかない(1982/日)************

★280年代初頭、女性の価値観が激変していた時。企画に残間里江子、脚本が田中晶子。いわゆる世は翔んでる女の時代。藤田敏八も何をどうしたら良いのか分からなかったのでは・・・ (ぽんしゅう)[投票(1)]
★2田中美佐子が脱いでいるという噂を聞きつけて見た記憶あり (TOMIMORI)[投票]
★2山崎努の顔と田中美佐子のヌードしか見所が無くても見たのか?キミも同志だ!(05・5・6) (山本美容室)[投票(1)]
★2勝手な思い込みで勝手に大人になったつもりの女子大生の妄想世界に何の共感を得られる筈も無く、藤田の思いを仮託されたと思しき中年男山崎努も安寧の世界へと埋没する。田村正毅のフィルターワークのみが唯一見所。 (けにろん)[投票]
★2当時猖獗を極めた、男に媚びるのを主目的にした女子大生作家の典型という趣。原作者はその後小説は書かず英才教育本を出しているらしい。 [review] (寒山拾得)[投票(1)]