コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

すばらしき世界(2021/日)************

★4文字から生身へ、「身分帳」から背中を流すまでの物語。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★4社会や他人と繋がり承認されることを抜きにして人はなかなか自己肯定には至れないという当たり前の事実を痛感させられる。元ヤクザであるという怖さも表現しつつ繊細な演技を見せる役所広司が絶品で、彼を取り巻く人々のそれぞれに真摯な向き合い方が感動的。 (太陽と戦慄)[投票]
★4役所広司演じる、この三上正夫という人物の人間味にどんどん惹かれていく。次は彼の身にどんなことが起きて、それに対してどんな言動で反応するのか、ドキドキしながら見守りたくなり時間を忘れて見入ってしまう。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4すばらしき世界、とは? [review] (おーい粗茶)[投票(4)]
★3どうしてもキレてしまう今回の役所広司は絶品。☆3.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4カタギの生活者たろうとして叶わぬ短気な彼が、怺えることを知るという単線ドラマトゥルギーが西川の資質と噛み合わぬジレンマ。ブツ切りエピソード群は社会の今を照射しそうなのだが須く生半可に終わる。それでも終盤の光明の見え具合には持ってかれる。 (けにろん)[投票(3)]