コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

ロープ(1948/米)************

★4ハリーの災難とおなじく、かわいそうなのは死体。 (動物園のクマ)[投票(1)]
★4全編1カットのテクニックが注目されがちだが、ピアノや本、テーブルなどの小道具の使い方が抜群に上手い。犯人たちを淡々と追い詰めていくジェームズ・スチュワートの飄々とした紳士ぶりも良かった。タネもシカケもある、ヒッチ魔術の真骨頂! (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
★4私も舞台劇を見ているような感覚になりました。ヒッチコックの開拓魂、パイオニア精神が強く出た映画。 [review] (kawa)[投票]
★4製作費はいくらなんだろう?ヒッチコック作品を今観れば現在のハリウッド作品を皮肉ってさえいるように思えてしまう。 (斎藤勘解由)[投票(4)]
★5おなじみジェームス・スチュアートがネチネチしたヤな役を好演。グレンジャーのオドオドぶりも良し。 (ラジスケ)[投票]
★4皮肉の良く見える状況というものは常にこの監督の頭にあり、そこを流れる感情の飛び交い方はまさしくエンターテイメント。 [review] (----)[投票]
★4密室のワンカットの試みということで、場の空気はもとよりヒッチ特有の「人の悪さ」までもが、コッテリと煮詰まっている。気がする。 [review] (くたー)[投票(6)]
★3あんまりおもしろくない。努力はすごいがやはりこの映画の実験は実験に過ぎない。映画におけるカット割の重要性が反面教師的にわかる。見直すと、あの二人は間違いなくホモの設定である。 [review] (ジェリー)[投票(1)]
★3特に見るべきはジェームズ・スチュアート-ジョン・ドール-ファーリー・グレンジャーの三角関係の描き方と照明へのこだわり(終盤、外のネオンによって室内が赤や緑に明滅する、など)。ヒッチコック作品中でも変態度は高いほうだと思う。 [review] (3819695)[投票(2)]
★3停滞を恐れ絶えず新しいものに果敢にチャレンジして行ったヒッチのその実験性は評価したいが、遺憾せん見ていて疲れてしまう。密室劇は観ていてそれを感じさせないように工夫することが肝心なのだが、絶えず密室の息苦しさがついて周り辟易してしまう。 (モモ★ラッチ)[投票(3)]
★3僅か3カット舞台劇のような大胆な実験映画。 (丹下左膳)[投票]
★4「あぁん?怪しいぞぉ おめえらぁ…」てな感じのジェームズ・スチュアートのネチっこさが最高。 (ドド)[投票]
★5この作品には実は元ネタが存在する。1924年にシカゴで実際に起きたロープ&レオポルト事件がそれ。殺人を犯した二人ともIQは200を超え、動機らしい動機が見つからなかったため、現在に至るも犯罪心理の格好の研究材料となっている。 [review] (甘崎庵)[投票(5)]
★4カメラワークと人物の動かし方が神業的に巧い。技巧面では超傑作だと思うし、自己顕示のための殺人というテーマも新鮮で面白かったが、ラストがイマイチ締まらない感じがした。ジェームズ・スチュワートが言い訳がましくてかっこ悪いんだよね。 (太陽と戦慄)[投票]
★4ヒッチコック作品は今やその名前だけで誰もが納得できると思える。だからこんなに古い作品をはじめて見ても何も偏見を感じさせないのが凄い・・・。 (かっきー)[投票]
★3さして面白くない映画であるが、技法の研究用として一見の価値はある。長回しで有名な作品だが、むしろカットを割ることがどのような効果を生むのか、それを学術的に考察する上で非常に勉強になるのだ。私が観たバージョンは、クローズアップによる繋ぎ(つまり、「カットを割った」と観客に思わせたくない繋ぎ方)を除くと、5回はっきりとカットを割っていた。 [review] (赤い戦車)[投票]
★4サスペンス映画に不可欠な「細かいカット割りが生みだすテンポ」まで拘束して作ったサスペンス映画。ヒッチコックの気分は、両手に手錠を掛けて脱出を見せるマジシャン。当然ストーリーはどうでもよろしい。 (cinecine団)[投票(3)]
★4一番最初の1カットが一番ドキドキする。本当に全部1カットで撮っていたら、傑作になりえた。82/100 (たろ)[投票]
★4ロープの使い方が憎いですね。 (RED DANCER)[投票(1)]
★4内容ではなく、どうしても全編ワンシーンワンカット撮影という部分に目が行ってしまうのはプラスでもありマイナスでもある。だが、実験的手法の中でも、計算された場面作りで緊迫感をきっちり演出できる点は、さすがヒッチコック。(2007.12.24.) [review] (Keita)[投票]
★4息もつかせぬ展開。カット割の事は知らずに見たが、何の違和感も無かった。 (りかちゅ)[投票]
★4全編通じて同じ部屋で行われる超密室劇。その閉塞的な空間で行われる息詰まる推理劇はまるで見ているこちらまで密室に閉じ込められている感覚を覚えます (あき♪)[投票]
★4実験的映画と言われているが、自ら制約を課しているが故に、その中で見せるヒッチ演出の醍醐味を堪能できる。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★4云わば、たかだが1本の紐なのに・・・ [review] (スパルタのキツネ)[投票(2)]
★4ヒッチコック初めのカラー撮影だが、本当にテクニカラーは怖い気分を出すなぁ。 (ドワイト・アイゼンハワー三世)[投票]
★3手法は思いつきでしかなく物語とは何ひとつ必然な連関を持たない。10分目のカット繋ぎの黒身が来るたびに「ホーッ」とか「ナ〜ル」とか思ってしまうのはどうか。唯、こういう時代に変質者を主役に据えて平然と映画を撮っちまう変質味こそに意味がある。 (けにろん)[投票(1)]
★3この映画を見ている限り、ブランドンは確信犯なのかなと思う。 [review] (わっこ)[投票(1)]