コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

12人の優しい日本人(1991/日)************

★3三谷幸喜、この映画の鬱憤を『ラヂオの時間』で晴らす。テイストは『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★1すいません、映画館にかかったのが間違いだ、と思います。『櫻の園』とおんなじ。映画的興奮がまったくなかったのですが、、、、。 (動物園のクマ)[投票(3)]
★5議論が白熱するに従って、陪審員12人各々の距離が短くなり、観客とスクリーンの距離も短くなる。 (kawa)[投票(4)]
★3個人的には非常に心地の良い脚本。期待に見事に応えたヒネり方をしてくれた、といえばいいのか。 [review] (くたー)[投票(2)]
★5この脚本って、絶対、あの「●●●ャ●ー●」から思いついたよね。 [review] (イライザー7)[投票]
★5モーツァルトのソナチネ・ソナタに一聴惚れ。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(10)]
★4これを観てると日本に陪審員制度が無いことが理解出来ます。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4無理っぽい話を、それらしく結んでいる。アニメっぽい感じ。 [review] (chokobo)[投票]
★2お芝居とは言っても見苦しかった。(05・7・12) [review] (山本美容室)[投票]
★5日本人思考が鋭く光り、パロディ作としては優れている。同じ文化に生きる者の見方が頷ける。其々のトークにも思わず納得。意見や議論好きの日本人にはたまらない。実際の裁判でも、具体的に話し合う裏側を徹底追求すると沢山の感動があるのだろうなぁ。 (かっきー)[投票]
★3裁判員制がある現在、与えられる情報について常に客観的で冷静であることを心がけようと思った。豊川悦司のオチに爆笑。 (赤い戦車)[投票]
★4これはこれでひじょーに面白かったが、他の役者でも見てみたい。 (tredair)[投票(3)]
★3演劇的手法が映画的な面白さに結びついておらず、見苦しい場面多し。 演技・台詞もまたしかり。密室を舞台にする以上、何らかの工夫をしてもいいのに。 (トシ)[投票(1)]
★3古尾谷雅人が演じる筈だった役は、彼が有名すぎるという理由で豊川に変更になったそうだが今となっては逆効果になったな。 (cinecine団)[投票]
★5中原俊自体を知らないでこの映画を見た。すごい怪作。米映画の本家も名作だが、これはそれを上回っている。日本では珍しい脚本に重点をおいた成功作。 (セント)[投票(3)]
★5日本人のなあなあさ加減が良く表れていて面白かった。なんか同窓会でもやりそうな雰囲気が笑える。 (Lycaon)[投票]
★4これも三谷自身のメガホンの方が良かったろうなぁ。 (ヤマカン)[投票]
★4やはり三谷幸喜が絡んでましたね・・・アメリカ版には及びませんが、日本人の典型的なキャラが描けています。 (RED DANCER)[投票]
★4議論下手、事勿れ主義、付和雷同、主義なき妥協・・・ [review] (緑雨)[投票]
★4易しくない日本人的審議。これぞ本当の意味でのパロディなのかも。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★4最初は臭い演技と舞台じみた動きでゲンナリするが・・・。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4ベタな日本人論やベタなパロディをベタと承知の上で割り切って演じさせ繰り広げる強引さに反発しつつも飲まれてしまう。そういった一種の2重構造を持つ作劇の妙味は、したたかそのもの。演出も出張らず、しかしポイントは押さえてる。 (けにろん)[投票(1)]
★5かなり面白いです。12人の出演者がそれぞれとても良いしオチに至るまでも素晴らしい、日本人ならではのコメディー。 [review] (わっこ)[投票]