コメンテータ
ランキング
HELP

斎藤工の映画ファンのコメント

抱きしめたい 真実の物語(2013/日) 欲動(2014/日) ロボゲイシャ(2009/日) 昼顔(2017/日) ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013/日) 吸血少女対少女フランケン(2009/日) 時の香り リメンバー・ミー(2001/日) 兜王ビートル(2005/日) 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗(2009/日) 逆転裁判(2012/日) スキトモ(2007/日) 愛と誠(2012/日) 悪夢のエレベーター(2009/日) 団地(2016/日) 無伴奏(2015/日) いつかの君へ〜ずっとそばにいてほしい〜(2007/日) SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010/日) SCOOP!(2016/日) マンハント(2017/中国) blank13(2017/日) カフェ・ソウル(2009/日) のみとり侍(2018/日) めめめのくらげ(2013/日) 渋谷(2009/日) 十三人の刺客(2010/日)が好きな人ファンを表示する

ヒメアノ〜ル(2016/日)************

★4前代未聞の構成の良し悪しはともかく激辛と大甘挿話の各々が他方の従属物でなく飽くまで魅力的な輝きで屹立しいる点が驚き。濱田佐津川ペアの恋愛初期の嬉し恥ずかし感が良い。そしてパンティ染みまでの殺戮描写の拘り。只トラウマ要因が又かの感。 (けにろん)[投票(1)]
★4原作古谷実ものはやはり正解だった。ただ、特に前半は明るいんだよなあ。全般的にもタッチが優しい。あれだけの [review] (セント)[投票(1)]
★4日常と非日常は地続きであるということ。ムロツヨシの逸脱、濱田岳の優柔、佐津川愛美の生理、森田剛の絶望。日常に点在する「異物」が、当たり前に生きることで触発し合い非日常に陥るという道理。確かにすべての事件はこうして勃発するものだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]