コメンテータ
ランキング
HELP

斎藤工の映画ファンのコメント

抱きしめたい 真実の物語(2013/日) 欲動(2014/日) ロボゲイシャ(2009/日) 昼顔(2017/日) ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013/日) 吸血少女対少女フランケン(2009/日) 時の香り リメンバー・ミー(2001/日) 兜王ビートル(2005/日) 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗(2009/日) 逆転裁判(2012/日) スキトモ(2007/日) 愛と誠(2012/日) 悪夢のエレベーター(2009/日) 団地(2016/日) 無伴奏(2015/日) いつかの君へ〜ずっとそばにいてほしい〜(2007/日) SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010/日) SCOOP!(2016/日) マンハント(2017/中国) blank13(2017/日) カフェ・ソウル(2009/日) のみとり侍(2018/日) めめめのくらげ(2013/日) 渋谷(2009/日) 十三人の刺客(2010/日)が好きな人ファンを表示する

日本の悲劇(2013/日)************

★3このテーマに対して爺さんの懐旧譚的アプローチしかないんかいと思えてしまう。システムの破綻や生存力の劣化など息子サイドからしか見えないものが抜けてる。後姿ばかりで大芝居を封殺された仲代は好演だが北村は違う気がする。目力ありすぎなのだ。 (けにろん)[投票(1)]
★4徹頭徹尾、題名通りの映画。ドラマチックでもなく、感動的でもない。ある意味、他人事のように眺めざるえない、まさにそんな悲劇だ。BGMをいっさい排し、生活雑音だけで撮られた演出は、生々しく異様な気配がただよう。その思い切った度胸は敬服に値する。 (シーチキン)[投票]
★4出演者が4人。ほとんどが父・息子の二人芝居。それにしてもこの題名は大げさではないだろうか。僕は木下恵介のそれを思い浮かべてしまうが、、。 [review] (セント)[投票]
★3失業、うつ病、離婚、介護、癌、災害、年金と、連日メディアで取り上げられる問題をかき集めてみたものの、映画の軸となる肝心の父(仲代)の決断が空回りしている。現役生活者である息子(北村)の心情や行動描写がおざなりで、共感も反感も生まないからだろう。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]