コメンテータ
ランキング
HELP

飯村雅彦の映画ファンのコメント

山麓(1962/日) 日本海大海戦 海ゆかば(1983/日) 首都消失(1987/日) 弾丸大将(1960/日) REX 恐竜物語(1993/日) 湖の琴(1966/日) 空海(1984/日) 白い野望(1986/日) 一万三千人の容疑者(1966/日) 博徒斬り込み隊(1971/日) ビッグ・マグナム 黒岩先生(1985/日) 暴力団再武装(1971/日) 玄海つれづれ節(1986/日) 三たびの海峡(1995/日) 続・渡世人(1967/日) トラック野郎・突撃一番星(1978/日) 無法松の一生(1963/日) 廓育ち(1964/日) 白い手(1990/日) 渡世人(1967/日) 二百三高地(1980/日) 横浜暗黒街 マシンガンの竜(1976/日) 従軍慰安婦(1974/日) 遠き落日(1992/日) ごろつき(1968/日) 旅路(1967/日) 新 女囚さそり701号(1976/日) 風来坊探偵 赤い谷の惨劇(1961/日) 喜劇 急行列車(1967/日) 天国の駅(1984/日) 大日本帝国(1982/日) トラック野郎・爆走一番星(1975/日) トラック野郎・男一匹桃次郎(1977/日) 風来坊探偵 岬を渡る黒い風(1961/日) トラック野郎・望郷一番星(1976/日) 日本侠客伝 花と龍(1969/日) 組織暴力 兄弟盃(1969/日) あれが港の灯だ(1961/日) トラック野郎 度胸一番星(1977/日) 新幹線大爆破(1975/日) 不良番長 一獲千金(1970/日) 昭和残侠伝 破れ傘(1972/日) ひめゆりの塔(1995/日) 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義(1972/日) 螢(1989/日) 最後の特攻隊(1970/日) はだかっ子(1961/日) ゴルゴ13(1973/日) 五番町夕霧樓(1963/日) 新網走番外地 さいはての流れ者(1969/日) 天下の快男児 万年太郎(1960/日) 密告(1968/日) 冷飯とおさんとちゃん(1965/日)が好きな人ファンを表示する

拝啓天皇陛下様(1963/日)************

★5短い上映時間の間にこれほど笑い、むせび泣かされる作品はそう多くない。そして父はアノ消灯ラッパを懐かしそうに口ずさむ。そういう青春もある。 [review] (sawa:38)[投票(12)]
★5粗野な中に暖かさを感じさせる演技は渥美清の独壇場ですが、すでに後年の『男はつらいよ』の車寅次郎の片鱗がうかがえ、これがやっぱり一番しっくりきます。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4前半は軍隊を舞台に笑えるものの、こーゆー人も居たのかなぁ、と戦争や差別について考えさせられる。後半は渥美清にとっては後の「寅さん」のキャラの原型が垣間見られる(監督は違うけど)。渥美長門裕之西村晃加藤嘉桂小金治など男優陣がいずれも好演だが、女優では左幸子が光ってる。['04.4.13VIDEO] (直人)[投票(1)]
★1戦犯作家長門裕之に寄り添ってくれるのは馬鹿だけでしたという閉鎖的な土管のなかの回顧録。理に落ちるユーモアが笑えず、おもろうてやがて哀しきという進行が骸骨のよう。天皇拝謁の場面は異様な緊張感があるが、別に演出がいいからではない。 (寒山)[投票]
★4渥美清演じる主人公は不幸だったのか?そうは思わない・・・・・・・ (TM(H19.1加入))[投票(1)]
★4長らく観たかった作品だが、予想に反して牧歌的なのに驚いた。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★5山ショウ(渥美清)は、ただその時代に生まれ、彼なりの生涯を過ごしただけなのだ。そこには貧困や差別、そして軍隊があたり前のようにあっただけなのだ。そんな国、今だっていくらでもある。我々だって、ほんの少し生まれるのが遅かっただけなのだ。 (ぽんしゅう)[投票(6)]
★4渥美清長門裕之の再会場面がどれも良い。親友ってのは喧嘩別れしても、次に会った時はお互いケロッと忘れてるもんなんだよなあ。 (赤い戦車)[投票]
★4渥美清は少しも我々の期待を裏切らない。いや、この作品に関しては少しやりすぎな気も… [review] (TOMIMORI)[投票]