コメンテータ
ランキング
HELP

レダ・カテブの映画ファンのコメント

アランフエスの麗しき日々(2016/仏=独=ポルトガル) 涙するまで、生きる(2014/仏) 永遠のジャンゴ(2017/仏) 不機嫌なママにメルシィ!(2013/仏=ベルギー) 黒いスーツを着た男(2012/仏) 愛について、ある土曜日の面会室(2009/仏)が好きな人ファンを表示する

不機嫌なママにメルシィ!(2013/仏=ベルギー)************

★4人は「らしくある」ことを強制し、「らしくない」ことを嘲笑することで安心を得る。そんな身勝手さの犠牲者ギヨーム青年の右往左往ぶりが愛おしくなる。ともするとキワモノめく題材を、心地よいリズムとスピード感で、品位を保ちつつ笑劇に昇華する巧みさに関心。 (ぽんしゅう)[投票]
★3主人公を最も奇矯な作中人物とした喜劇を成功に導くことはなかなかの難事業である。原動力の大半を自己愛に求めた演出家にはその戦略も覚悟も欠け気味のようだ。そもそも私にはギヨーム・ガリエンヌのほぼすべての表情が腹立たしく、およそ映画を好意的に眺める構えが失われていたことは白状するけれど。 (3819695)[投票]
★3絶対者として母親を祭り上げてしまった息子の悲喜劇。おかげで彼はしなくてもいいまわり道を重ね、自分探しの道行きを続ける破目になる。観客から見れば、きわめて判りやすいゲイの理解術ととれなくもないのだが、それは…。 [review] (水那岐)[投票]