コメンテータ
ランキング
HELP

ペペロンチーノさんの人気コメント: 更新順(1/64)

人気コメント投票者
★2散歩する侵略者(2017/日)黒沢清は何の概念を無くしたんだろう? [review]けにろん, 濡れ鼠[投票(2)]
★3ナイト&デイ(2010/米)もはやトム兄のスパイ物は『若大将』レベルに達している [review]ロープブレーク, わっこ, ペンクロフ, ドデカプリオ[投票(4)]
★3恋人たち(2015/日)触れる、物語。そして『ゼンタイ』の弊害。 [review]Shrewd Fellow, ジョニー・でぶ, セント, deenity[投票(4)]
★4ノストラダムスの大予言 Catastrophe−1999(1974/日)丹波哲郎先生の大演説映画。その説得力に感動すら覚える。丹波哲郎ファン必見。観られないけど。 [review]サイモン64, ペンクロフ[投票(2)]
★4三度目の殺人(2017/日)福山雅治が象に触れる映画。象は消失したり、猫を抱いて象と泳いだりする。我々は本当に象を理解しているか? [review]pinkmoon, ゑぎ[投票(2)]
★2アズミ・ハルコは行方不明(2016/日)もっと普通に撮ればいいのに。せっかくの蒼井優先生に高畑充希なのにもったいない。 [review]水那岐, 3819695[投票(2)]
★3クリーピー 偽りの隣人(2016/日)あまりにも普通。いっそキャスティングを逆にすればよかったのに。 [review]ぱーこ, セント[投票(2)]
★2何者(2016/日)演出が下手すぎる。この監督が何者だよ。検索してもハマの番長しか出てこねーよ。 [review]もがみがわ, jollyjoker, ぱーこ, ぽんしゅう[投票(4)]
★3ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017/日)俺も小松菜奈に命令されたい。 [review]水那岐, けにろん, サイモン64[投票(3)]
★5ダーティハリー(1971/米)娯楽の変質について真面目に考えてみる [review]jollyjoker, けにろん, サイモン64, 緑雨ほか16 名[投票(16)]
★4地獄でなぜ悪い(2013/日)カメラもストーリーテリングも縦横無尽!自由自在!抱腹絶倒!阿鼻叫喚! [review]水那岐[投票(1)]
★4ゼンタイ(2013/日)ついに時代はここまで来たか。 [review]jollyjoker, ぽんしゅう[投票(2)]
★2ミニオンズ(2015/米)あ、そこはモンキーズなんだ [review]KEI[投票(1)]
★3ロマンス(2015/日)ロマンスと紙の月。所詮箱根止まりの女って話(仙石原には行ったようだが) [review]jollyjoker[投票(1)]
★4台北ストーリー(1985/台湾)エドワード・ヤン作品を観ると「映画ってこういうことだよな」としみじみ思う。エドワード・ヤンの長編第2作。没後10年で日本初公開。改めて早逝が惜しまれる。 [review]ゑぎ[投票(1)]
★4苦役列車(2012/日)「愛すべき、ろくでナシ」という宣伝文句を鵜呑みにするとこの映画の本質を見失う。クソ豚野郎だから物語が成立する。 [review]jollyjoker, ガチャピン, 天河屋, 林田乃丞ほか7 名[投票(7)]
★3キャスト・アウェイ(2000/米)おおっ『救命艇』! [review]緑雨, トシ, JKF, ジャイアント白田ほか8 名[投票(8)]
★4お葬式(1984/日)「あるある」映画だと記憶していたら、何でも「ありあり」の映画だった。 [review]jollyjoker, ふかひれ, けにろん, muffler&silencer[消音装置]ほか8 名[投票(8)]
★5犬神家の一族(1976/日)この映画の真のジャンルはミステリーでもサスペンスでもない。最もファンキーでメロウなゴシックホラー、いや、「市川金田一」という唯一無二の新ジャンルだ。世界に誇れる「日本映画」だ。ていうか誇れ。 [review]YO--CHAN, 緑雨, づん, りかちゅほか16 名[投票(16)]
★2野性の証明(1978/日)当時は新鮮だったかもしれないけど、「トンデモ映画」ということを認めようよ。いや、「大いなる野心作」として再評価してもいい。 [review]Shrewd Fellow[投票(1)]