コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ブルークリスマス(1978/日)

俺の求めていたハードSFがこんなとこにあった。スピルバーグに観せてやりたい。
ペペロンチーノ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







知らなかった。 公開当時、おすぎがボロクソに言っていた事と興行的に大コケした事だけが、中学生時代の私の幼い脳に焼きついていた。ハナっから出来損ないの三流SFと決めつけ、何故「岡本喜八が?」と思いながら相手にしていなかった。 知らなかった。びっくりした。こんな優れた作品だったとは。

スピルバーグが脚本を書き換える前は政治陰謀色が強かったという『未知との遭遇』。その本来あるべき姿が、そして『シンドラーのリスト』よりも強烈な“差別される側”の恐怖が、ここに描かれている。 ストーリーの根幹、そしてテーマの根幹に設定が必然として関わってくる。SFはこうであってほしい。

台詞の変更が一切許されなかったという倉本脚本を、喜八リズムが凌駕する。 特撮なくてもスケールの大きな奥行きのある話が作れるんだなあ。

以下、まったくの余談

演出的に興味深かったのは、アメリカで人探しをするシーン。こんなに「すごーく探してる」感が強い人探しシーンを初めて観た。短いカットで何人もに質問しては知らないと言われるシーンはよくある。岡本喜八はそれを<<親オブジェクト>>として一度見せた後、歩いているシーンと日めくりカレンダーをカットバックする<<子オブジェクト>>を入れる。非常に感心した。勉強になった。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (5 人)yasuyon HW[*] sawa:38[*] 甘崎庵[*] ジョー・チップ

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。