コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 蜜のあわれ(2016/日)

傑作なのか?珍作なのか?そういった意味も含めて石井岳龍の『崖の上のポニョ』。
ペペロンチーノ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







設定も面白いし、話も面白い。二階堂ふみも面白い。 だけど映画として面白いかというと疑問。

なぜなら、この映画を観た最大の感想は、つくづく『ツィゴイネルワイゼン』は奇跡の映画だったんだと感じたこと。 話の根幹は『ベニスに死す』だし(しかもだいぶ後退してるし)。 これ、コメディなんだよね?二階堂ふみがゴロゴロー、真木よう子もゴロゴローとかさ。笑っちゃうのを通り越して、少しイラッとする。

この映画が傑作(かもしれない)と思う理由は、男と女の真髄が詰まっていること。 これを観ていて、男がなぜ浮気をするのか分かったような気がする。

女性は“成長”するんですよ。第2ステージ、第3ステージへと進んでしまう。 ところが男は成長しない。第1ステージのまま留まっている。だから、また第1ステージで釣り合う女性を求めてしまう。そういうことなんじゃないかと思うんです。

これたぶん、「女性が成長する物語」「それに取り残される男の物語」なんだと思います。 傑作です。いや、珍作です。なんだこれ?

(16.04.10 新宿バルト9にて鑑賞)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)緑雨[*] もがみがわ[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。