コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 映画に愛をこめて アメリカの夜(1973/仏=伊)

映画づくりというだけで異常に面白いのであり、せっかくのバックヤードネタ、これではいかにも短すぎる。ワイズマンに12時間の尺で撮ってほしい。
寒山拾得

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







最高に面白いのは体験談の部分なんだろう。ヴァレンティナ・コルテーゼが扉を間違え続ける件。監督がプロデューサーと緊密なのもリアルだ。猫がミルク飲む長回しもいいのだが、やや駆け足な演出になるのがつまらない。クレーンを紐で引っ張っているのは驚かされる。美術の小ネタは横に穴の開いた蝋燭や窓枠だけの窓。こういう処ももっとじっくり観せてほしい。車転落のスタントがフィルム繋いでいるのが面白くないし、雨も雪も流すような描写がもったいない。最大の不満はキャメラの薀蓄が足りないことだ。無論、これらの文句は嬉しい悲鳴に近い。

物語は後半、レオーのドタバタ(「僕は台本は読まない主義なんだ」)で展開するのだが平均点ぐらいの出来であり、終盤のジャン=ピエール・オーモンの事故死による改編になると拙い印象になる。しかしそれでも、「スタジオの時代は終わった」の詠嘆は感じ入るものがある。フランスもそうだったんだ。それこそが本作を撮った動機なのだろう。

再見。学生の頃に祇園会館で観た。ジャクリーン・ビセットが途中参加して、余りの美しさに映画とはこういうものだと思ったものだった。彼女は活劇以外の主演が初めてで、予算は少なく、衣装三着を自腹で準備したとのこと。メイクのニケ・アリージが可愛い。邦題のダサい副題はリバイバル以降使われていないらしい。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)tkcrows[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。