コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 北斎漫画(1981/日)

作家の業とその昇華を描いて滑稽丸出しの丸ごと肯定が気持ちいい。新藤長寿の秘訣開陳の趣。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







樋口可南子を求めて狂い死ぬフランキー堺との対照でエロを昇華した緒形拳が称揚され、貧乏を昇華した西田敏行もまた賞賛される。これもまた新藤の私映画。101歳まで画くぜという緒形の独白もまた新藤のものだったのだろう。全力で気楽さを呼び寄せている。

映画のタッチは前年の『ツィゴイネルワイゼン』を想起させる部分があるが、しかしあちらこそ清順というよりも新藤タッチだったと思わせられる。樋口も田中裕子もばんばん脱ぐ威勢のよさは素晴らしい。乙羽信子の前だから生半可なことはできない、ということもあったはず。当代の監督連には羨ましい環境だろうなあと思う。子供の頃と老いてからと、田中の胸の大きさが変わらないのが妙だが、そんなこと云っても仕方がない。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。