コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 寝ても覚めても(2018/日)

困った不思議ちゃんがまたひとり
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







私の苦手な少女漫画仕様。東出昌大1と2に云い寄られてアタシ地味なのに何でだろ困っちゃうナの唐田えりかを取り巻くやたら饒舌で生真面目なチューサン階級的周辺人物とハイソな芸術的意匠の数々。かつて自分を落とした東出1が芸能人になるなんてのはナルチシズムの究極で手が付けられない。

中盤までは退屈で死にそうだったが東出1の乱入でやたら盛り上がる。ここからの綱渡り的な展開はとても期待させる。このふたりのチューサン階級足蹴りなニューシネマ的逃走で完結させればある種の爽快な映画が目指せただろう。仙台で下車して復興に取り組みはじめる骨太な結末という選択もあっただろう。そうしなかったのは作り手の倫理観(ないしは非倫理観)であるはず。

しかし期待は尻すぼみとなり、ただ困ったちゃんが知人を振り回したうえでの後悔により東出2の新居に突入したというだけのラスト。東出2の云う汚い川をきれいと云って映画は終わる。ここから漂う余韻は、このカップル直ぐに崩壊するだろうという予感に過ぎない。自分の純粋を通す恋愛ジャンキー唐田には一片の理性もなく、東出2の立場に立って身を引く優しさもない。ナルセ映画のラストとの共通点を云った批評家がいたが似て非なるものだ。

本作は土居「甘えの構造」の読後感にすっぽり収まるものがある。甘えという病のひとつの極端を捉えていると云えば云えるのだろうが、それなら主人公は小学生で充分だ。ラストで冷淡な東出2はなぜか突然冷たくなったお母さんといった処で、オイディプスコンプレックスの母子関係を青年の世界に置き換えたという人工的な肌触りを愉しむべきなのかも知れないが無理。ラストの唐田に私は鬱陶しさしか覚えないし、東出2には同情するばかり。作り手は渡辺大知を看病する田中美佐子の愛情とリンクすると云いたいのだろうがそれは無茶である。

ノアール仕立ての不穏な演出は今やありふれており、関西弁の伊藤沙莉はいい味だしているがその不穏な空気感にミスマッチで浮きまくっている。仙台で唐田が防波堤の上から見る海が全然撮れておらず、仲本工事も下手糞で、震災ネタつまみ食いの感が生じるのもキツい。この手の映画で濡れ場が全くないのは珍重すべきかも知れない。田中美佐子(58)は相変わらず別嬪で驚き。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)ペペロンチーノ[*] 濡れ鼠

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。