コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] デトロイト(2017/米)

実に真面目な告発で神妙に観た。半世紀たっても殆ど変わらない対立構図を浮き彫りにして重厚。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







重厚過ぎて肩がこるが、一見さんには肩ぐらいこって貰った位でちょうどいいですよと映画に云われている具合だ。最後に流れるザ・ルーツの「It Ain’t Fair」が痛烈。

強いられた視野狭窄と群集心理。不満を暴力で爆発させてしまう黒人。恐怖に煽られて一線を越えてしまう警官。確かに何も変わっていない。その原因の究明を生々しく試みた『ドゥ・ザ・ライト・シング』のような探求心は欠いているが、事実の列挙のみで押し切る本作は別の方法論を取ったということだろう。この構図はアメリカの黒人対白人を超えて、例えば世界中の停戦地帯の一触触発の空気をも感じさせる。狂った正義の味方ウィル・ポールターの造形は圧巻。こういう「悪役」って、世間にたくさんいるんだよなあ。裁判の顚末はボブ・ディラン「ハッティ・キャロルの寂しい死」を想起せざるを得ない。

撮影は好まない。序盤の暴動を捉えた固定ネジが外れたようなキャメラは、再々横に振られて画面が流れ、高速カットのたびに人物を捉える尺が変わるのと併せて船酔い感覚を誘発する。キャメラが自己主張をし過ぎだ。中盤以降は落ち着いてきてマシになるが、裁判の件でも同じ調子でカットを飛ばしまくるのは詰まらない。せっかくの力作、もっとじっくり内容を見せてほしかった。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)Orpheus jollyjoker

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。