コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 戦争と一人の女(2012/日)

安吾作品とボルノ映画の類縁性を示して秀逸。手持ちの札をかき集めて人生とする女、映画はこの淪落のブリコラージュに肉体を与えて強烈。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







モラルは終戦とともに崩れ去った、とするクリシェに対し、戦中からモラルなど崩れていたのだとの指摘が鋭いと思わされる。焼け跡見学とは何とも。

二人の男の心情吐露は比較して弱くなってしまった。男が軟弱なのも安吾らしいと云えばそうなのだろうが。村上淳の『殺人狂時代』など、本家と同じく、全く正しいのだが理に落ちて刺さってこない。別の戦略が必要なのではないか。柄本明のカマキリ親爺を大々的にフィーチャーした方が良かったのにと思う。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)3819695[*] ぽんしゅう[*] DSCH

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。