コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 教授と美女(1941/米)

完璧なラブコメ。アメリカのスラングが判ればさらに面白いのだろう。悔しい。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ホークスらのスクリューボール・コメディは、本邦のラブコメ少女漫画のパターンに酷似しており、影響がうかがえると思う。愛を知らない男、性格の悪い女、変わった取り巻き、間抜けな悪役、障害を喜劇的にクリアする展開。本作はその典型にして極上の味わいがある。

「ドラム・ブギ」を全部観せるのがいいのだ。演奏シーンを物語の添え物としか捉えず切れ切れに映す映画が多すぎる。本作はこの歌唱がそのままバーバラ・スタンウィックの造形になっているのが実に巧み。ジーン・クルーパーの貴重な映像にもなっており、マッチのテクはドラマー必見だ。

俗語の授業をワンカットで三日すっとばすエコノミーは、絶妙の間合いで爆笑させてくれる。リチャード三世の指輪の件もいい。教授と美女という主題を発展させて、さらっと感動させてくれる。ダン・デュリエの憎めない悪役も、キッスの小ネタでしめる収束も素晴らしい。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)なつめ[*] ジェリー[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。