コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 椿三十郎(1962/日)

直前の三船の気分次第で次の展開が成功か失敗か決定されるという判りやすさが実に講談読物系。こういうヒーローを祭り上げる作劇は好まない。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







三船敏郎が臭いぞと云えばその通りになり、若侍たちが率先して行動して三船が嫌々ついて行くと失敗に終わる。このパターンが延々繰り返され、途中で厭になる。

物語上、最大の瑕疵は、お寺に若侍がいるというデマを敵方が信じてしまって全員出陣してしまう件。普通は偵察を送るだろうし、少数でも陣地に武士を残すはずだ。全員殺されたのに三船だけ助かっているのを見て疑いもしない仲代達矢も酷い。

最初の岡目八目のハッタリから始まって、全編三船のための無理矢理なご都合主義。こんなにまでしてなぜヒーローを作らねばならないのだろうか。「娯楽作」に向けたある種の強迫観念まで感じてしまう。しかし入江たか子の名演と大量に流れる白い椿、及びラストの殺陣は大いなる美点。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。