コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 亡霊怪猫屋敷(1958/日)

現代篇が秀逸。『狂った一頁』以来の伝統を感じるし中田秀夫は随分頂いているに違いない。ラストも面白い。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ブルートーンの現代篇がとてもいい。停電の病院ですれ違う移動ベッドが秀逸。だいたい昔の病院そのものが怖い。あさっての方向いて下からフレームインする五月藤江も、ぐらぐら揺れる鏡台も怖い。

時代篇はアイディアがイマイチ出てこなかったような具合だが、天井から碁石がぱらぱら降ってくる描写は秀逸。化け猫になった五月藤江が縁の下に住み着き、対決時に両耳がぴょんと立ち上がる美術は冗談に走っている。『シャイニング』でもクライマックスで観客を揶揄うような冗談飛ばしていて、こういうのもホラーの手法のひとつなんだろうが、本作イマイチ決まっていない。猫は猫相がとてもよく、北沢典子はいつも可愛い。短気は損気である。

「お前は神経が過敏に過ぎる」を繰り返す細川俊夫が恐怖を全然認識しておらず、観客より低位にいるという話法が採用されており、ラストの奇妙なハッピーエンドもこれを徹底したものだ。私たちも、重大なことを何も判らずに鈍感に生活しているのじゃないかと思わされるのである。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ゑぎ

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。