コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 未来のミライ(2018/日)

やはり細田さん自身の映画監督の腕は確かなものなんだろうと思う。しかし…。
deenity

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







細田守最新作。『バケモノの子』は見逃しているのでいつか見ないかんと思ってはいますが、一先ず劇場で見れる本作。 細田さんの映画は見ておかなきゃとは思いつつ、でも個人的に『サマーウォーズ』以降は下降線を辿っている気がしているんですよね。

そんでもって本作。んー、まあ一言でまとめれば「好きくない」かな(笑) 主人公のくんちゃんが4歳の男の子だからね。わがままで駄々こねるのは全然可愛いもんだし気にならなかったです。むしろお父さんお母さん厳しくない?って擁護する側に回っちゃう感じだった。だって4歳で今までずっと甘えさせてもらってきたのに突然お兄ちゃんって言われても、それは大人の都合であって4歳の子は理解できんだろうからもうちょっとしつけ方工夫するとかしてあげないとかわいそうじゃん、って思っちゃったかな。

自分が気になったのは声優の上白石萌歌の声がめちゃくちゃ女の子っぽいところ。くんちゃんはわがままだけど、でも仕草一つがとてもリアルで、階段降りるところとか超かわいいんですよね。だから見てる分にはかわいいんだけど、喋り始めると「え、女の子じゃん…」ってイメージが崩れてしまうんですよね。 だから声優が下手とかじゃなくて、シンプルに声がキャラクターと合ってないように感じたってことです。

ここからはネタバレの部分もありますが、ストーリーは5部構成の短編集みたいな感じです。 それぞれの過去だったり未来だったりの姿と出会いながらくんちゃんが兄として成長する姿を描いています。初めはよっこだったのでよくわからなかったけど、未来辺りでどういう設定なのかようやく理解できたかな。子どもならではの妄想ならば『マイマイ新子の千年の魔法』みたいな感じかなって思ったけど、詳しいことは説明されていないのでよくわからないです。

この辺も個人的には「好きくない」ポイントですかね。勝手ですけど、短編って苦手なんですよね。別に散りばめられた各ストーリーから結びつくテーマがわからないわけではないのですが、長編を期待している部分があったので作りとしていまいちハマらなかったのはあります。その上テンポが悪く、また説明し過ぎの部分と説明不足の部分があって、ちょっと作品として浅く感じてしまうんです。

最初に未来から受け取ったバナナを最後には成長して渡す辺りは上手いんですけどね。木を歴史ある成長の証として家にどっしり据える辺りも考えられてますし、それに気づくとあの家の作りが縦に続いている意味も繋がってきて実はよく考えられているんです。だからやっぱり細田さん自体はすごい監督なんでしょうけど、どうして内容がこうも面白味に欠けるのだろうか。

とりあえずあの洒落た家に住みたいな、って憧れたりなんてしました(笑)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)tkcrows[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。