コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] シン・エヴァンゲリオン劇場版(2021/日)

私たちは、あの時以来、シンに補完されたのだろうか。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。この言葉はあの時を経て変質したのだ。私たちはまたしても絶望すら忘れて、「シンジ」に全てを負わせていないか。シンの補完は、ここ、リアルで行われるべきなのだ。虚構と現実の渚、絶望と希望の相補が行われる、まさにここで。巻き戻せなくても、続けることはできる。連弾の反復練習のように、少しずつ上手くなる。少しずつ、少しずつ。
DSCH

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







シン・ゴジラ』以降、この人のアクションシーンを観ると、涙が流れてしまう。狂気じみた物量、多分整合のついていない説明。ただ、根っこは明晰にシンプルだと思う。

絶望の補完を否定する。世界は説明できない(説明の意味がない)ほどにカオス(現実のような虚構、虚構のような現実。「あの時」の影響は明白)、しかし絶望はするな。それが不可逆のシナリオだとしても、まだ残された人がいるから。前に進もうとする人の歩み、それだけは確かだから。絶望と希望の両輪たるエヴァで落とし前をつける。エヴァを否定しつつ肯定する。ただ戦って、ただ生きるだけだ。絶望と希望の相補によるシンの補完。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。お前は逃げていないか。逃げてすらいないんじゃないか。稚拙でも剥き出しの想いがある。本当にこれで終わりだろう。多少の悪意と私小説的私物化はあっても、そこに嘘は感じられなかった。中盤の大空中戦は真に圧倒的。

以下、某作の致命的ネタバレ。

庵野さんが『シン・ナウシカ』を撮らない理由、これが一つの答えなのだと思う。巨神兵で絶望の補完を否定する。「新しい人類」のたまごを焼き尽くす。カオスのままに黄昏の世界で生きていく。師匠はこれをどう観るだろうか。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)おーい粗茶[*] ゴンちゃん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。