コメンテータ
ランキング
HELP

NOMさんのコメント: 点数順

★4ブラス!(1996/英=米)テーマは重いが、エピソードを簡潔、着実に積み重ね、ここぞという場面で名曲名演を挟み、観る者をラストまで引っ張っていってくれる。音楽の持つ力を感じる。[投票]
★4ガープの世界(1982/米)ジョン・リスゴーが演じた人物が最も愛すべきキャラクターに感じたことが、何かこの映画の多くを語っているような気がする。[投票]
★4大魔神(1966/日)顔色はすばらしい感覚。普通鬼顔は赤系にしてしまいそうだけど、補色使ったところがお見事。[投票]
★4テルマ&ルイーズ(1991/米)男の差し伸べる希望や救いは、女にとっては、希望でも救いでもない場合があるのだろう。[投票]
★428週後...(2007/英=スペイン)つっこみどころは決して少なくはないが、観る者をそこへ逃避させないスピードやテンションは十分過ぎる程。[投票]
★4マタンゴ(1963/日)マタンゴトラウマ世代です。R10?で見ました。今ならキノコ振興協会(あるんかい)からクレームが。[投票]
★3ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008/日)二十歳過ぎると急激に無くなるアホで固めた明るさが爽快。ひょっとしたら実際にいるかもしれないこんな駐在さんに拍手。[投票(3)]
★3トレマーズ3(2001/米)トレマーズ』の正しい鑑賞法。その1、グラボイドは絶対に存在すると信じる。その2、グラボイドの形が少々変わっていても目の錯覚だと思う。その3、有名俳優が出ていなくても気にしない。その4、自分だったらこうする、を常時頭において観る。バートの武器を研究する。これが出来ればシリーズ全て4点だ。と言いつつ3点を付ける。[投票(2)]
★3ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008/米)ジェット・リー出演作品のつまらなさはCGの使用量に比例することにそろそろ気がつけよ。[投票(1)]
★3包帯クラブ(2007/日)小説読書後、映画鑑賞、あるいは、観賞後、読書のどちらでも楽しめるジュブナイル作品になっていたことに好感を感じた。柳楽優弥も変な風に進化(?)していなくてほっとした。 [review][投票(1)]
★3夕凪の街 桜の国(2007/日)原作からの引用と思われる極めて強いメッセージ性を有した台詞に時折出会うものの、映画的ぬるま湯に浸けてふやけさせてしまった感じは否めない。麻生(太郎じゃないよ)の出来が良いのがかえって気の毒。[投票(1)]
★3ミステリー・トレイン(1989/米)エルビスという狭い歴史を引きずる町に迷い込んだ、深い歴史を引きずる国から来たストレンジャー達。互いに翻弄されあうものの、起きることいえば日常茶飯。傍観者である事を楽しめる映画。[投票(1)]
★3エイリアン4(1997/米)主人公の扱いや、筋立ての設定に難はあるものの、作画はしっかりとしているので、エイリアンファンには不満もあろうが娯楽作としては充分楽しめる仕上がり。[投票(1)]
★3トゥルー・ロマンス(1993/米)いかにもタランティーノの好きそうな話で、キャストの熱演、各シーンの迫力ある出来には感心するが、・・・ [review][投票(1)]
★3転々(2007/日)犯人役が良い時の時効警察を2本観たぐらいには面白い。監督はTVの方が良い仕事ができるのでは。藤田宜永の原作がやや薄かったせいかな。[投票(1)]
★3プリティ・リーグ(1992/米)日本のプロもあんな風にフライを捕ってみてはどうだろう。[投票(1)]
★3亀は意外と速く泳ぐ(2005/日)「インザプール」を先に観ていたので、あまり期待していなかったが、監督自身の脚本という事で、原作の呪縛を解かれ、程よい脱力感とゆる〜いユーモアで、癒されました。要潤を侮ってはいけないことも知りました。[投票(1)]
★3コン・エアー(1997/米)「全編普通に楽しめて、2回目以降は良く憶えて無くてまた最後まで見てしまう。」こういう映画作りにはきっとノウハウがあるはず。ブラッカイマーは得意?TVの洋画劇場定番映画、再放送TVドラマに多い。[投票(1)]
★3スイッチバック(1997/米)筋立てには引き込まれるものがあるが、アクションの盛込みに時間を取られ、登場人物の描写や関係性が薄まってしまって残念。[投票]
★3once ダブリンの街角で(2006/アイルランド)どうでも良いことですが、楽器屋での場面、主題曲のキーはCではなくBです。 [review][投票]