コメンテータ
ランキング
HELP

アブサンさんのコメント: 点数順

★5アバター(2009/米)この映画を見て思い出したこととか (追記しました) [review][投票(3)]
★5ロード・オブ・ザ・リング(2001/米=ニュージーランド)柔らかな日差しが唇をなで、透き通った空気が鼻の奥に沁みる。内容もキャラクターも素晴らしかったが、それ以上にこの世界で呼吸をしたことが忘れられない。[投票(2)]
★5SPIRIT(2006/香港=米)闘いを通して登場人物の心を描く。これぞカンフー映画。いい作品でした。 [review][投票(1)]
★5ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明(1991/香港)リンチェイ第2の原点は、終始濃厚ロマンに満たされた本格武侠映画。 [review][投票(1)]
★5酔拳2(1994/香港)最高のジャッキーがここにいる。 [review][投票(1)]
★5プラネット・テラー in グラインドハウス(2007/米)映画は当然めちゃくちゃ面白いし、赤や緑のライトで彩られた画面の妖しさにも惚れ惚れ。そして本編では語られないエル・レイについて… [review][投票]
★5ブラッド・ダイヤモンド(2006/米)魅力的な俳優や物語のスケールにワクワクし、命がけのサスペンスには心臓ドキドキ。恐怖を覚える瞬間もたくさんあって、最終的には満足感と一緒にテーマについて考えさせられる。小学生の頃好きだった大作映画ってこういうの。改めて王道ってエライと思える。[投票]
★5クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002/日)青空侍という名前に思いをめぐらせるだけでも心が澄んでいく。いいネーミングセンスや。 [review][投票]
★5AKIRA(1988/日)走る、叫ぶ、力を振るう、仲間とつながる。何度見ても全編に溢れる原始的な高揚感がたまらない。 [review][投票]
★5ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997/独)これから死ぬのに、いやだからこんなに楽しい? 終わりがある故の面白さってのはまさに映画そのもの。男がいて、もひとり男がいて、車があって、海を目指すとなればあとは何もいらない![投票]
★5ブレインデッド(1992/ニュージーランド)普段僕が居間で映画を見ていても素通りする姉が最後まで一緒に見てた。すごい映画です。[投票]
★4ドラゴン・キングダム(2008/米)この二人の競演なのだから最高のシーンを、という気概が大変よろしい。 [review][投票(6)]
★4ザ・レイド(2011/インドネシア)最強の男を引き立たせる普通の男、アンディ [review][投票(4)]
★4おおかみこどもの雨と雪(2012/日)自分の生活を捨てて夫や子供に尽くしたところで結局は常に孤独な母親がようやく自らのために溜息をつく、その一瞬を描く映画。[投票(3)]
★4うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984/日)水たまりに映る登校風景やそれに続く風鈴のシーンに静かに悶絶する。ここにいちゃいけないような、帰らなきゃいけないようなこの感覚はなんなんだろう。そんな景色なのに懐かしいのは何故なんだろう。[投票(3)]
★4アンブレイカブル(2000/米)片想いのラブレター。 [review][投票(3)]
★4インセプション(2010/米)悩みまくるデカプーのドラマもいいけど、それと同時に繰り広げられるアクションが素晴らしい。 観客を釘付けにするアイディアが目白押し。 [review][投票(2)]
★4バロン(1988/英=独)大砲の弾に乗って戦場を行ったり来たりするバロンの姿を見てたら涙が溢れてきた。いいファンタジーは「その世界が存在する」ということだけで感動できる。[投票(2)]
★4新少林寺 SHAOLIN(2011/香港=中国)前半、娘を取り戻すため死に物狂いの追跡劇を繰り広げるアンディの善悪の役柄を超えたパワーに大興奮。そのアンディが少林寺入門後、雪の降るなか少年と稽古をする場面は胸に沁みる。 [review][投票(1)]
★4イップ・マン 序章(2008/香港)闘いだけをみてると安心しちゃうくらい無双を誇るドニーさんだが、ストーリーを追う内に応援せずにはいられなくなる熱い演技がすごい。『レディファイター/詠春拳伝説』では軽いあんちゃん役だったことを考えると非常に感慨深い。拳のスピードに感情を込める芸当もさすが。[投票(1)]