コメンテータ
ランキング
HELP

サイモン64さんのコメント: 投票数順

★5ブラックホーク・ダウン(2001/米)最初は単純に戦争絵巻に目を奪われていたが、よくよく考えると今ソマリアはどうなっているんだろう? [review][投票]
★5赤ひげ(1965/日)一部の隙もなく面白い。面白いとしか言いようがない。 [review][投票]
★5薔薇の名前(1986/独=仏=伊)原作は全く読んでいないが、中世修道院を舞台にした探偵物語というスタイルは画期的だと思った。それにしても、キリストの名の下に既得権を得た連中が君臨する中世ヨーロッパに生まれなくて良かった。[投票]
★3トゥームレイダー(2001/米)アンジェリーナ・ジョリーの存在感に尽きる。ダニエル・クレイグの小物っぽさに萎える。[投票]
★3ロッキー2(1978/米)続編としてはぎりぎり許せるレベル。結局『ロッキー』がすごすぎるんだよなあ。[投票]
★4さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち(1978/日)このラストはいただけないが、もっといただけないのは続編ができたことだ。 [review][投票]
★5宇宙戦艦ヤマト(1977/日)集まったもの全てがすごい。 [review][投票]
★5ビッグウェイブ(1984/米)なぜみんなの評価がこんなに低いのか?山下達郎の大規模プロモーションフィルム。 [review][投票]
★3ザスーラ(2005/米)映画『ジュマンジ』の続編ということでは力不足だと思う。脚本の構成に工夫がほしいと思った。俳優陣も少し魅力に乏しいと思う。[投票]
★5ジュマンジ(1995/米)階段を転がり落ちるサイコロを、これほど固唾をのんで見たことはなかった。 [review][投票]
★4キャバレー(1986/日)原作にない女性との絡みを無理に入れすぎた感がある。もうちょっとジャズのウンチクっぽいところが多くても良かったんじゃないかな。それとレフトアローンがあまりにもかかりすぎないかい? [review][投票]
★5彼のオートバイ、彼女の島(1986/日)大林監督作品だとは、ここを見るまで気づかなかった。原作の雰囲気をうまく伝えつつ、主役の俳優二人を魅力的に見せていると思う。予想外の原田貴和子のヌードに+1点。 [review][投票]
★4マジンガーZ対デビルマン(1973/日)小学生の時、初めて一人で観に行った映画がこれ。マジンガーとともに戦うデビルマンの雄姿に感激した。みんなの評価が低いので悲しい。[投票]
★3デイ・アフター・トゥモロー(2004/米)世界がこの映画と同じ状況になったら、私はそのとき誰に会いに行くだろうかと考えた。端々に現実世界のリアリティを持たせてあって、楽しめる作品。[投票]
★2カメレオンマン(1983/米)「ウディ・アレンの映画を高く評価しない人はダメ」みたいな雰囲気が一部にはあるように思うが、私は彼の映画を良いと思ったことがない。[投票]
★5シンドラーのリスト(1993/米)この映画を見て数日は暗い気持ちで過ごした。ゴミみたいに他人を処分してしまえる世界。私の中にもきっと、加害者になれる素質が流れているのだろう。シンドラーの美談に感動する以前に、こんな世界がかつて現出していたことに絶望感を持った。 [review][投票]
★5ゼイリブ(1988/米)サングラスをかけたら宇宙人の正体が見えるというある種きわどいアイデアに激しく感動した。この監督はものすごく自分の作品をよくわかっていて、そして自分らしい映像を追求しているのだろうな。[投票]
★5ひまわり(1970/伊)理不尽で不条理な別れ、別れ、別れ。あまりに悲しく、やるせなく、見ていてどうしていいのかわからなくなった。ヘンリー・マンシーニの音楽がすばらしい。 [review][投票]
★1アルマゲドン(1998/米)いくらなんでも無理がありすぎて楽しめなかった。 [review][投票]
★4ゾンビ(1978/米=伊)1970年代にすでに大型ショッピングセンターが普通に存在していたことに、「アメリカって豊かだったんだな」と変な感動をしてしまった。 [review][投票]