コメンテータ
ランキング
HELP

サイモン64さんのコメント: 投票数順

★5ノーカントリー(2007/米)鑑賞後5時間経過しても混乱したまま。名作であり傑作ではあるが、奥深すぎて理解が及ばない。 [review][投票]
★5スラムドッグ$ミリオネア(2008/英)最後の最後まで緊迫感を失わず疾走する演出と構成と編集に、かつて無いほど興奮し、感動した。過酷と言うにはあまりにも過酷な境遇を生き抜く子供達の姿から目が離せなかった。音楽のA.R.ラフマーンも秀逸。 [review][投票]
★4ウォッチメン(2009/米)美麗な映像に高品質な音声で、全編大サービスの長丁場も、そこそこ飽きずに見させてくれる本作。でも、ストーリーには大いに疑問の残るできあがりで、終盤に近づくにつれ、なにをどうしたいのか戸惑う一方だった。 [review][投票]
★4フェイクシティ ある男のルール(2008/米)手垢の付いたような古くさい展開で退屈。というわけでもなく、意外に楽しめる。映画の本筋には関係ないが、自分はアメリカで警官は出来ないなと思った。ちょっとコワすぎ。あと、死体がやけにリアルなのは何故? [review][投票]
★5ユージュアル・サスペクツ(1995/米)久々にすごい映画を見た。これほどいろいろな楽しみ方の出来る映画は少なく、これは構成の巧さというほかないだろう。未見の人のためにナニも書かないが、まずは予備知識無く見ることをおすすめする。 [review][投票]
★1ティンカーベル(2008/米)クソ映画の殿堂入りがまた一つ登場した。その名も「ティンカー・ベル」。これほどの冒涜ぶりは滅多に見ることができない。 [review][投票]
★5ブレイド2(2002/米)ハデなアクションだけに留まらず、ストーリー運びも巧みで、無理なく楽しめた。テレビの吹替えで見たので、「そんな大技決まるわけねえだろ」と、バトーの声で突っ込みを入れてみたりもした。081106鑑賞。[投票]
★4ジョンQ 最後の決断(2002/米)キャスティングの豪華さと、俳優個々の巧みな演技で引っ張られる。エンディングで急激に丸め込まれる感じはするが、素直に楽しむべきなのかなと思う。しかしアメリカってのは弱者に厳しい国だね。 [review][投票]
★2アイアンマン(2008/米)漫画作品の映画化とは言え、911以降の世界でここまで高らかに武力賛歌を奏でるノー天気には心底あきれた。脇役も不思議と全員大根役者に見える。2008.10.19 TOHOシネマズ梅田で鑑賞。[投票]
★3めまい(1958/米)いかにも昔の名画然とした映像と、サスペンスに満たされた雰囲気には魅了されたが、ストーリーは今ひとつ残らず。[投票]
★3ローマの休日(1953/米)ストーリーは少女漫画的。俳優の持っているパワーで救われているのかなと思う。[投票]
★3ビバリーヒルズ・コップ 2(1987/米)音楽が特に良く合ってると思う映画シリーズの一つ。ただし2まで。他のレビュアーも書いているが、ビバリーヒルズが舞台になる成り行きが少々強引に感じる。[投票]
★5サイコ(1960/米)いわゆるサイコものの元祖となった映画で、インパクトのあるシーンや設定があまりにもいろいろなところで陰に陽に再利用されているために、今日では評価が低くなってしまうかもしれない。[投票]
★5カラーパープル(1985/米)巷間いろいろと言われる映画ではあるけど、私はこの映画をみて打ちのめされた。どうすれば、世界中でいわれのない不当な扱いを受けている人々を救えるのだろうか?本当にそんなことは出来るのだろうか?"Freedom"という言葉の意味を考えるきっかけを与えてくれた作品。[投票]
★2ハムナプトラ・失われた砂漠の都(1999/米)物語として安っぽい感じが、自分としては同調できず。[投票]
★4マッドマックス2(1981/豪)「『北斗の拳』的世界観」を創出したという意味で、画期的な作品。延々と続くトレイラーのチェイスは、何度見ても飽きることがない。[投票]
★4鳥(1963/米)「元祖動物パニック映画」と呼んでもいいのだろうなぁ。不条理な状況に投げ込まれた人間の行動の観察という点では、『ナイトオブザ・リビングデッド』にも通じるものがある。[投票]
★4魔界転生(1981/日)沢田研二を筆頭に、キャスティング全体がすばらしい。おどろおどろしくも荒唐無稽な原作の味わいを、映画的に再現していて好感。[投票]
★4踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003/日)頭でっかちな役人どものお役所仕事に縛られた、日本という国の閉塞感を逆手に取った描写が面白い。[投票]
★320世紀少年 第1章(2008/日)豪華キャストは楽しめたが、主人公の行動の必然性に疑問が残る。当初から三部作として計画しているせいもあって、どうにも薄味に感じる。 [review][投票]