コメンテータ
ランキング
HELP

サイモン64さんのコメント: 更新順

★4惡の華(2019/日)原作は一切見ていないので憶測だが、おそらく長い物語を劇場映画の尺に押し込めてしまったために唐突に感じられる展開が頻出するのは惜しい。 内省的で自暴自棄な中二病の日々を恥ずかしくも懐かしく見る思いだ。 特にグラフィックのような玉城ティナの顔や表情と伊藤健太郎の声の良さが印象深い。 興行的にはさんさんたるものかと思うが、印象に残る映画だ。[投票(2)]
★5アイアムアヒーロー(2015/日)狂信集団の描き方が弱い気もするが、ゾンビものとして良く構成されていて面白かった。せっかくの有村架純をもうちょっと活躍させて欲しかったが、原作通りなら仕方ないか。片瀬那奈の背景を思うと悲しくなる。[投票]
★5タイムリミット(2003/米)常にタイムリミットな主人公の行動に引きつけられるが、それ以上にエバ・メンデスに目が釘付け。[投票]
★4アリータ:バトル・エンジェル(2018/米)日本の漫画的世界をうまい具合にハリウッド映画に引き寄せているなと思った。なかなか面白い。続編に期待。[投票]
★5ダンスウィズミー(2019/日)一発目の「アクトショウ」からぶちかましてくれる楽しい映画。三吉彩花の「もーっ!」みたいな表情がバリエーション乏しくヘタな割に何度も出てくるのが気になったのと、壁登り宙返りはもうちょっと頑張って欲しかった。[投票]
★2モンスター上司(2011/米)本当に面白がらせようとしているのかすら謎の面白くなさ。力みすぎているわけでもないし、しかしお笑いとしては全く話にならないできばえだと思う。主演3人の華のなさと、コリンファレルのイケてるつもり感がダメなのではないかと思う。[投票]
★5アベンジャーズ エンドゲーム(2019/米)インフィニティ・ウォー』を見てしまった以上これを見ずにはおけまい。もう「これ全部宇宙に行って実際に撮ってきました」と言われても信じざるを得ない程の映像はCG嫌いの私をも打ちのめしたすごい映像。物語も予想通りの大団円で大満足。[投票]
★5天気の子(2019/日)良い映画を見たと思った。 [review][投票(3)]
★4トランスポーター イグニション(2015/仏)話の中身は全然入ってこなかったのだが、主人公のおとうやんがかっこよかった。主人公はデッドプールの悪役だったけど主役をやっても似合うね。[投票]
★5依頼人(1994/米)ありがちな話ではあるけど、少年の八方塞がりな家庭環境までも感じさせるレンフロの演技に引きつけられる。サランドンもジョーンズも生き生きしていてイイ。[投票]
★5ザ・リング(2002/米)ナオミ・ワッツって美人だなーなんてハナクソみたいな感想はともかく、非常にうまく構成されていて、丁寧かつちゃんと怖い作りに感心させられた。日本版より好き。[投票]
★4ホステージ(2005/米)やはりブルース・ウィリスはこうでないとという要素をふんだんに盛り込んだ一作。彼のファンならスカッと楽しめるかと思う。[投票]
★5帰ってきたヒトラー(2015/独)「本当に怖いことは、なれなれしい顔をしてやってくる」とかつて社民党が選挙公報動画で使って問題になった言葉を想い出した。まさにあのときの動画も全体主義的を懸念するようなイメージであったかと思う。ヒトラーの言葉が今の時代に意外なほど刺さり、受け入れられていく様に笑っては居られない怖さを感じる。[投票]
★4ハウス・ジャック・ビルト(2018/デンマーク=仏=独=スウェーデン)比類ない映像美を見せつつ、笑って良いのかどうだか扱いに困るシーンも多く、また、あまりにグロいところがあるので全ての人には勧められない。途中で帰ってしまう人もちらほらあったし、私の後ろのペアシートで見ていたカップルがいつの間にか帰っててさもありなんと思った。[投票]
★4スカイスクレイパー(2018/米)これでもかのアクションの連続にドウェイン・ジョンソンが思いの外ハマっていてとても面白い。 [review][投票]
★4イコライザー2(2018/米)必殺仕事人みたいな話は鉄板なんだねと思えるこのシリーズ。今回もなかなか楽しいが、後半の展開はちょっと違和感あり。[投票]
★4ピノッキオ(2002/伊=仏=独)おっさんがピノキオ演じるのかよ、正気かよと思っていたら結構まともで面白く、キツネとネコの表現も良かった。おどろおどろしい感じが幼稚園児の時に読んだ絵本の怖さを彷彿させて、自分としては懐かし思いで見た。吹き替えで見たが、愛川欽也にしては若い声だなと思っていたらユースケ・サンタマリアだったwww[投票]
★5コブラ(1986/米)殺人集団だの、ターミネーター2を彷彿させる製鉄所の闘いだの荒唐無稽も良い所だが、スタローンはかくあるべしと思うので実に面白い。[投票]
★4レッドタートル ある島の物語(2016/日=仏=ベルギー)底抜けに美しい色彩と、静謐なるアニメの出来栄えを楽しむ幻想的な物語。ただ、お金を払って劇場で見た人はどんな風に思ったのだろうか…[投票]
★4グリーンブック(2018/米)どうと言うこともなく予想の範囲は超えない普通の話し。オチも途中から読めてしまう。と、最初は思ったんだけど後々思い返すと結構良くできた話だなと評価が高まってきた。 [review][投票(1)]