コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 検察側の罪人(2018/日)

最上(木村拓哉)が沖野(二宮和也)に対してする最後の主張が若干上滑りしている印象がある。最上の大義がブレているように見えてしまったのが原因か。
Master

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







原作未読です。(ネタバレサイトで概ねの流れは確認しました)

何度かある「対決」ダイアログシーンの出来がかなり良く、全体の緊張感を支えている。その全てに参加している二宮の力量を改めて実感する出来である。

木村は、「どんな役になっても結局本人」という評を覆すほどではないもののその印象はかなり薄まっていると思う。だが、この最上という役は草なぎ剛で見てみたかったというのが最初に出た感想だという事も付け加えておく。

そして、ストーリーだが、この流れにすると幾つかの疑問点が残る。

何より大きいのは、丹野(平岳大)が残した証拠による高島議員(矢島健一)の収賄に関する「告発」を最上の大義に据えたのは何故かという点である。最後の対決ダイアログは最上が沖野に対して収賄の資料を提示することからして告発をできなくすることが「正義の刃を奪う」事としているように読めてしまうが、本作の表現では最上が持つ松倉(酒向芳)に対する処罰感情への正当化には全く意味をなさない。

この筋であれば松倉事件の処理を「成功」させることにより、最上が政治家から潰されないほどの権力を持つと明示する必要があるが「君はもうすぐヒラの検事じゃなくなる。経歴に瑕をつけるな。」程度の言及しかされておらず、十分ではない。この状態であるならば、あくまでも時効により逃げおおせた極悪人を処罰することが最上の大義として提示され続ける方が妥当であり、このブレによって上滑りが起こってしまっていると思う。

あえて極右団体に関するエピソードをねじ込んできたことに原田監督の思いがあることは推測できる。その意図は重々理解するが、それが故にラストの上滑りにつながっているように思えて残念である。

後は細かい部分である。まず、最上の実質的な懐刀でもある諏訪部(松重豊)と女(芦名星)の情報収集力が沖野と橘(吉高由里子)が行う小田島(八嶋智人)への捜査情報漏えいに全く使われる形跡がないのは何故なのか。最上と諏訪部の会話にフォローを入れ込めば済む話ではないか。本編に関わりが少ない最上の妻子のシーンを入れる代わりにこの部分へのフォローが欲しかった。

あと、老夫婦殺害事件の裁判で松倉が無罪となったことによる最上への影響(具体的には処遇)が明示されないのは何故か。上で指摘したとおり「経歴に瑕がついた」ことは類推できる。だが、最上が踏み入った領域は完全に刑事罰が科される範疇である。普通の生活を送っているように見えたが、そういったことがあり得るのか。

全体として飛び抜けた瑕疵があるわけではなく、鑑賞中はさほど気にならないが、劇中起こる事への葛藤と別の所での違和感も残り、そこはやはり残念と言わざるをえなかった。

(2018.08.25 シネプラザサントムーン)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)YO--CHAN けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。