コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015/日)

大きい部分で言えば、若く経験が少ない役者に負わせる比重が強くなるとどうしても厳しさが増す。細かい部分で言えば、演出に粗が見えるのが成島作品にしては意外な印象がある。
Master

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







前篇を観た時点では宮部作品の「まともな」映画化がようやく成ったと思っていて、その評価は本作を観た後も変わらないが、中学生役の子達の比重が強くなるとどうしても「学芸会」感が強くなってしまい、評価の面では辛くなってしまう。

全員芦田愛菜ばりの芸達者を集める事が本作にはプラスとは思えないが、もうちょっと改善の余地はあったと思う。個人的に特に気になったのは柏木卓也役の望月歩。彼にはどうしようもないのだが、声質が全く役に合っていない。観客に不快感を与えるという結果だけ見れば適役かもしれないが、意味合いが違う。

あとは細かい部分。「演出に粗」と書いたのは、設定からすればおかしい個所が散見される事。涼子(藤野涼子)がトラックに引かれそうになるシーンで後ろのセブンイレブンの中にある「nanacoポイント2倍」の宣伝ポップがぼけているとは言え映り込んでいるのは配慮が足らない。そもそも他に同じシーン取れる場所があっただろう。また、校内裁判がすべて終わり、傍聴人が体育館を出るシーンで笑顔で出てくる人が多いのはどういう演出プランなのか。あのような告白をつるべ打ちにされてニコニコ帰っていくなんていう事が可能だと本気で思っているのか。

重要なシーンでこういった引っかかりが出てくるので観ていて若干の不快感まで感じてしまう。成島監督の作品にしては意外な印象を受けた。

真相の部分に関する疑問はある程度原作由来だと思うので、ここでは触れない。

若干の尻すぼみ感は否めないが、諸々良く頑張ったという事でこの評価とする。

(2015.4.12 シネプラザサントムーン)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。