コメンテータ
ランキング
HELP

TM(H19.1加入)さんの人気コメント: 更新順(6/14)

人気コメント投票者
★4百万円と苦虫女(2008/日)この作品の主人公に蒼井優を持ってきたのは大正解ですね。 [review]りかちゅ[投票(1)]
★4ラスト サムライ(2003/米=ニュージーランド=日)武士道に憧れたアメリカ人がサムライアクションムービーを撮ってみましたといった感じですね。 [review]りかちゅ[投票(1)]
★4佐賀のがばいばあちゃん(2006/日)辛く苦しい人生も考え方一つでちょっとは変えることができるんだなと感じましたね。 [review]りかちゅ, デナ[投票(2)]
★4おくりびと(2008/日)映画の出来云々というよりも、このテーマを娯楽映画として成立させることができたことにとても意義があったと感じましたね。 [review]CRIMSON, tkcrows, りかちゅ[投票(3)]
★4ロスト・イン・トランスレーション(2003/米=日)見慣れた東京の光景も、外国人の視点で見るとまた違った感じになりますね。牛乳瓶[投票(1)]
★4ブロークン・フラワーズ(2005/米) 過去の恋人を訪ねる旅に出るという設定は、非常に面白かったです。 [review]りかちゅ, デナ[投票(2)]
★4ホテル・ルワンダ(2004/伊=英=南アフリカ)民族対立の恐ろしさをつくづく感じましたりかちゅ[投票(1)]
★4鬼火(1996/日)原田芳雄 演じる主人公の不器用で因果な生きざまに男の美学を感じましたね。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★3ハッシュ!(2001/日)徹底的に緻密に作られた設定・ストーリー・台詞・キャスティング等々本当に「お見事!」というしかありませんが・・・ [review]けにろん[投票(1)]
★4ぜんぶ、フィデルのせい(2006/伊=仏)オープニングで監督の名前を見てどこかで聞いたことあるなと思って調べたら、 [review]わっこ[投票(1)]
★4絶対の愛(2006/韓国=日) しかしまあ、挑発的で意地の悪い作品ですね。一歩間違えれば「トンデモ映画」になりかねない物語をここまで「並じゃない」作品に仕上げるキム・ギドクの才能は凄いです。牛乳瓶[投票(1)]
★4アフリカの光(1975/日)刹那的でありながらどこか温かい雰囲気につつまれた映画でした。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★4タロットカード殺人事件(2006/英=米) 非常に楽しく鑑賞できました。とにかく、ウディ・アレンの相変わらずのドタバタ姿がたっぷり見れただけでも良かったです。なんか、『男はつらいよ』末期の渥美清を見ていた時の気分に近いかもしれません。デナ, けにろん[投票(2)]
★4レット・イット・ビー(1970/英)「ザ・ビートルズ」という奇跡とその終焉を記録した貴重な映像作品です。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★4君のためなら千回でも(2007/米) 現在、アフガン関連のニュースは新聞やテレビで日常的に流れていて何となく知ったような気になっていましたが、実はアフガニスタンという国やそこに住む人々について殆ど何もしらない事に気付かされましたね・・・・・。 [review]あちこ[投票(1)]
★5虹の女神(2006/日)この作品の上野樹里には満点+αをあげたい! [review]水那岐[投票(1)]
★4私が棄てた女(1969/日)とにかくこの作品は小林トシエの熱演に尽きますね。 [review]水那岐[投票(1)]
★4ポンヌフの恋人(1991/仏)絶望と疎外感の中で生きている男女のラブストーリーが、レオス・カラックスの独創的で素晴らしい映像感覚で表現されていて見応えのある作品でした。 [review]けにろん[投票(1)]
★4ミスター・ベースボール(1992/米=日)まあ、コメディ映画に誇張は付き物なんで日本の野球や社会の描写についてはツッコミを入れながら楽しむのがこの映画の正しい観方ではないでしょうか。 [review]ダリア[投票(1)]
★4スラムドッグ$ミリオネア(2008/英)トレインスポッティング』から10数年経った今、ダニー・ボイルが再び「Choose Your Future! Choose Life!」と私たちに呼びかける。 [review]おーい粗茶[投票(1)]