コメンテータ
ランキング
HELP

TM(H19.1加入)さんの人気コメント: 更新順(12/14)

人気コメント投票者
★4光の雨(2001/日)裕木奈江の重低音のような演技が非常に凄かったですね。りかちゅ, けにろん[投票(2)]
★3火垂るの墓(1988/日)この作品を観て、感動はしなかったし涙も出ませんでした。ただ、戦争というものに対する嫌悪感だけを感じました。 りかちゅ[投票(1)]
★4バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007/日)ストーリーの発想は最高に素晴らしい作品。それだけに、フジテレビ・ホイチョイ流のコメディで消化されてしまったのがちょっと残念。でも面白い作品でした。 [review]ダリア[投票(1)]
★4TATTOO〈刺青〉あり(1982/日)本当は、こんな極悪人は早く人々の記憶から消し去らなければならないんでしょうけど、今も宇崎竜童の「ハッシャバーイ♪」という歌声と共に心に残ってしまっています・・・・。ノンフィクション「破滅 ― 梅川昭美の三十年」もお勧めです。りかちゅ[投票(1)]
★417歳のカルテ(1999/米)ウィノナ・ライダーアンジェリーナ・ジョリーがとにかく素晴らしい。60年代ポップスが効果的に使われていてサントラが欲しくなりました。(特に「The end of the world」は印象的でした)。 りかちゅ[投票(1)]
★4ガンジー(1982/英=インド)この作品は人類必見の映画である。 [review]りかちゅ[投票(1)]
★4M★A★S★H(1970/米)戦争というものがいかに人間の理性を奪うくだらないものであるかをクッキリと浮き上がらせている、非常におバカなドタバタコメディ。りかちゅ[投票(1)]
★4オリヲン座からの招待状(2007/日) ストーリーを追うというよりは、時代の雰囲気を味わう映画という感じですね。その中で、宮沢りえの不思議な存在感が非常に光っていました。 [review]直人[投票(1)]
★4居酒屋兆治(1983/日)健さんの不器用な男の演技は無形重要文化財に指定してもらいたい位です。しかし大原麗子っていい女ですね・・・sawa:38[投票(1)]
★5スミス都へ行く(1939/米)スミスの戦う姿に最後はボロボロ涙が出てきました。りかちゅ, わっこ[投票(2)]
★5丹下左膳餘話 百萬両の壷(1935/日)文句なしの秀作。左膳と矢場の女主人のツンデレぶりがとても良い。けにろん[投票(1)]
★4死刑台のエレベーター(1957/仏)ストーリー自体は結構シンプルなんですが、非常にスタイリッシュな映画に仕上がっています。 [review]りかちゅ, けにろん[投票(2)]
★4しゃべれども しゃべれども(2007/日)森永悠希が [review]直人[投票(1)]
★5コミック雑誌なんかいらない!(1985/日)80年代という時代と内田裕也が出会い産み出された奇跡の作品。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★5素晴らしき哉、人生!(1946/米)「何で自分だけ・・・・」「自分なんていなくても・・・・・」なんて気持ちを吹き飛ばしてくれる映画です。本当に素晴らしき哉!りかちゅ[投票(1)]
★3図鑑に載ってない虫(2007/日)三木ワールドは健在ですが、内容はそこそこでした・・・牛乳瓶[投票(1)]
★4戦場にかける橋(1957/英=米)戦争のはかなさを描いた不朽の名作 [review]りかちゅ[投票(1)]
★4ブレイブハート(1995/米)英国の歴史についてほとんど知らなくても、十分に楽しめる作品。西洋の戦国物もなかなかやるなという感じですね。りかちゅ[投票(1)]
★4マリア・ブラウンの結婚(1979/独)日本と同様に、ドイツ(この作品では西ドイツ)も敗戦国としての戦後を迎え、そこから復興を遂げていったということを改めて教えてくれる作品。 りかちゅ[投票(1)]
★4ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007/日)前作同様「昭和を舞台にした時代劇」。ただし、昭和30年代風映像の作りこみ方が半端なく凝っているので、それを見るためだけでも映画館に足を運ぶ価値あり。りかちゅ[投票(1)]