コメンテータ
ランキング
HELP

TM(H19.1加入)さんのコメント: 投票数順

★4岸和田少年愚連隊(1996/日)笑いと暴力のインパクトは強烈ですが、それだけではなく、「人生は空虚である」という諦念にも似たドライな空気を感じ、そして、「お前らそんでどうするんや!」と井筒監督から熱く問いかけられているような・・・・そんな作品でした。[投票(4)]
★4バベル(2006/仏=米=メキシコ)面白かったけど、日本編無しでも良かったかも・・・・。いまどきの日本の若者はウィスキーの回し飲みなんてしませんって、欧米か?(鼻ピアスがトラウマになりそう・・・)[投票(4)]
★4海炭市叙景(2010/日)ドラマティックな展開は殆ど無いのに、約2時間半ついつい見入ってしまいました。 [review][投票(3)]
★4おくりびと(2008/日)映画の出来云々というよりも、このテーマを娯楽映画として成立させることができたことにとても意義があったと感じましたね。 [review][投票(3)]
★5戦場でワルツを(2008/イスラエル=独=仏=米=フィンランド=スイス=ベルギー=豪)アニメーションによる戦争ドキュメンタリー [review][投票(3)]
★4レッドクリフ PartI(2008/中国=香港=日=韓国=台湾)まあ、何百年もの間人々に愛され続けている三国志ですから、ストーリーは面白くて当たり前。 [review][投票(3)]
★4ファイト・クラブ(1999/米)しかし、この映画10代のときに見てたら思いっきり影響受けてただろうな・・・・ [review][投票(3)]
★5クワイエットルームにようこそ(2007/日)日々の生活に精神が痛めつけられていると感じている人に是非見てもらいたい作品。主役は内田有紀で本当に良かったです。演技の素晴らしさはもちろん、蕁麻疹やゲロまみれの姿でも鑑賞に堪えうる女優はそうそういませんから。 [review][投票(3)]
★5ゆれる(2006/日)男の兄弟を持っている男にとっては、他人事とは思えない非常に重いテーマを扱っています。親子関係とはまた違う近くて遠いライバル関係を上手く捉えた素晴らしい作品です。[投票(3)]
★5パッチギ!(2004/日)「イムジン河」と「あの素晴らしい愛をもう一度」が良作を秀作にまで昇華させました。[投票(3)]
★5アウトレイジ ビヨンド(2012/日)前作よりも更にパワーアップして面白くなっています。とにかく、なんらかの組織に属している方であれば、見ていて「あるある」と頷いたり、登場人物を知り合いにあてはめたりして楽しめる作品です。 [review][投票(2)]
★4オン・ザ・ミルキー・ロード(2016/セルビア=英=米)戦争なんて格好良くもないし、ドラマティックでもない、ただ殺戮行為と死体がそこにあるだけという事実。 [review][投票(2)]
★4レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ(1989/フィンランド=スウェーデン)他の国であれば単に「異物」として扱われたであろうレニングラード・カウボーイズを・・・ [review][投票(2)]
★4レッド・ファミリー(2013/韓国)考え方の違いがあっても、喧嘩ばかりでも、結局最後に残るのは「家族」の絆。この「家族」を「民族」と読み替えてこの作品を観ると、キム・ギドクの分断された朝鮮半島情勢への深い思いが伝わってきます。 [review][投票(2)]
★4トラック野郎・望郷一番星(1976/日)「下品こそこの世の花」という鈴木則文監督の言葉通りの下品極まりない痛快娯楽映画です [review][投票(2)]
★4探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013/日)昭和のテイストと北海道札幌の風景が見事に調和していて心地良かったです [review][投票(2)]
★5アウトレイジ(2010/日)ヤクザ映画だと思って敬遠すると損をする映画ですね。これは21世紀の『しとやかな獣』です。 [review][投票(2)]
★5(秘)色情めす市場(1974/日)日本映画史上に残る大傑作と言っても過言ではない [review][投票(2)]
★2日本沈没(2006/日)アルマゲドン』?『インディペンデンスデイ』?いいえ『日本沈没』です。 [review][投票(2)]
★4西の魔女が死んだ(2008/日)派手さはありませんが、じんわりと心に響いてくる映画でした。 [review][投票(2)]