コメンテータ
ランキング
HELP

TM(H19.1加入)さんのコメント: 点数順

★5戦場でワルツを(2008/イスラエル=独=仏=米=フィンランド=スイス=ベルギー=豪)アニメーションによる戦争ドキュメンタリー [review][投票(3)]
★5クワイエットルームにようこそ(2007/日)日々の生活に精神が痛めつけられていると感じている人に是非見てもらいたい作品。主役は内田有紀で本当に良かったです。演技の素晴らしさはもちろん、蕁麻疹やゲロまみれの姿でも鑑賞に堪えうる女優はそうそういませんから。 [review][投票(3)]
★5ゆれる(2006/日)男の兄弟を持っている男にとっては、他人事とは思えない非常に重いテーマを扱っています。親子関係とはまた違う近くて遠いライバル関係を上手く捉えた素晴らしい作品です。[投票(3)]
★5パッチギ!(2004/日)「イムジン河」と「あの素晴らしい愛をもう一度」が良作を秀作にまで昇華させました。[投票(3)]
★5アウトレイジ(2010/日)ヤクザ映画だと思って敬遠すると損をする映画ですね。これは21世紀の『しとやかな獣』です。 [review][投票(2)]
★5(秘)色情めす市場(1974/日)日本映画史上に残る大傑作と言っても過言ではない [review][投票(2)]
★5メアリー&マックス(2009/豪)DVDをずっと手許に持って何度も繰り返して観たい・・・そんな作品でした。 [review][投票(2)]
★5初恋のきた道(2000/中国)「人を想う心」の強さを感じさせてくれる作品でした。 [review][投票(2)]
★5シティ・オブ・ゴッド(2002/ブラジル=仏=米)何というか自分のモノサシでは全くはかることの出来ない価値観と遭遇してしまった感じです。 [review][投票(2)]
★5キクとイサム(1959/日)ふと口ずさむ「ケ・セラ・セラ」に涙・・・・・ [review][投票(2)]
★5フォレスト・ガンプ 一期一会(1994/米)アメリカの戦後史を、ちょっと予習してから観たほうがいいと思います。[投票(2)]
★5硫黄島からの手紙(2006/米)正直言って感動したり、泣ける作品ではありません。ただ、深く考えさせられるし心に鉛のようにズシンとのしかかかる作品です。[投票(2)]
★5ラジオ・デイズ(1987/米)こういうノスタルジーに浸れる作品はいいですね。おまけに、ウディ・アレン監督だし。[投票(2)]
★5嫌われ松子の一生(2006/日)こういう凄い作品にリアルタイムで出会えた幸せを今DVDを見ながら噛み締めています。[投票(2)]
★5スミス都へ行く(1939/米)スミスの戦う姿に最後はボロボロ涙が出てきました。[投票(2)]
★5フラガール(2006/日)ネタ(ストーリー)良し、キャスト良し、踊り良しと3拍子揃ってるんですから良い作品にきまってるじゃないですか![投票(2)]
★5タレンタイム〜優しい歌(2009/マレーシア)「現実とは違う、あくまでも理想郷だ」とわかってはいます・・・・ [review][投票(1)]
★5フィールド・オブ・ドリームス(1989/米)タイトルにもありますが、これは夢、それも男にとって最高の夢を描いてくれる作品です。 [review][投票(1)]
★5アバター(2009/米)一言で言えば「凄い映画」。 [review][投票(1)]
★5マチュカ 僕らと革命(2004/チリ=スペイン=英=仏) チリ・クーデターとはどのようなものであったのか子供たちの視点で鋭くエネルギッシュに描いています。 [review][投票(1)]