コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 哭声 コクソン(2016/韓国=米)

話の通底にある啓蒙の教化力とそれに伴う実証精神がシャーマニズムを喜劇に見せずにはおかない。そんな中にあって悲劇を構成するのが、どこかで致命的な選択をしてしまったという、難病物が追及する感傷に近いものである。
disjunctive

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







しかし、見境なく人物の心理に浸透する啓蒙精神は、物語の視点を担ったキャラクターを黒幕にしてはならない禁忌をも平気で侵し、オカルトを詐欺師の集団のように見立て俗化する。それ以外にオカルトを扱う術がないのだ。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)3819695[*] ぽんしゅう[*] けにろん[*] 寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。