コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] スリー・ビルボード(2017/米=英)

圧倒的な大傑作です
白いドア

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







まず脚本が素晴らしい。 細部の細部まで緻密に練り上げて作られたストーリーは登場人物たちを一定の型にはめることなく変化させ、心地よい混乱に導いてくれます。 映画表現としても見事なセンスを感じました。 例えばミルドレッドが大事な会話をする時、彼女はブランコに乗って話します。 ウィロビー署長とも、ディクソンとも。 ブランコは宙吊りです。人物自体をサスペンディドにして見せながら物語を前進させていました。 そしてラストでは誰も居ないブランコのカットが映るのです。 私は「お客さん、今度はあなたがこのブランコに乗る番ですよ」と語りかけられた気がしました。 そして物語は宙吊りにされて終わるのです。お見事!

他にも語りたい場面が満載でした。 ディクソンのペットのカメは彼そのものの象徴(のろまだけどいつも前進している)でしたし、殺された娘の部屋のポスター「イン・ユーテルロー」のアルバムには「レイプミー」という曲が入っていたり...

場面場面に仕掛けがいっぱいで、何度でも観たくなる映画です。 そして観終わればきっと誰かと話したくなる映画でした。 まったくシビレました。最高です。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (7 人)jollyjoker[*] なつめ[*] yasuyon おーい粗茶[*] カルヤ[*] ペンクロフ[*] ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。