コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 告白小説、その結末(2017/仏=ベルギー=ポーランド)

なるほどポランスキー監督らしい、本当のところ、いったい何が起きたのだろうかと唸らせる見事な作劇だった。
シーチキン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







エル=彼女は本当に実在したのだろうか?人気作家に成り代わろうとするサイコティックなストーカーだったのか、それとも新作のプレッシャーに追いつめられた人気作家の、半ばノイローゼ的な、なかば人格分裂気味な一人芝居だったのか。

どちらにしてもサスペンスものではありがちなパターンではあるが、それを両方混ぜ合わせた形でもってくるとは、さすがポランスキー監督と言ったところか。

それにエヴァ・グリーンの凛々しさは良い。少し不気味な感じがあっても、それに腰が引けつつも抗いがたく魅せられる感じがまた、何とも言えない。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。