コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ミッドウェイ(2019/米=中国=香港=カナダ)

アバンタイトルは、1937年の東京。そしてファーストカットは葦。最初、ベージュのカーテンかと思った。雁を網で獲ろうとする。逃す米人と捕獲する日本人。何の含意か?しかし、良い出だしではないか。なかなか奥深い。
ゑぎ

 いや全編に亘って、ローランド・エメリッヒの演出は、けっこう肌理細かなのだ。史実を大胆に端折っていることや、上っ面しか描かないことと、個々の画面の肌理細かさとは異なる次元の問題だ。

 ミッドウェイ島における戦闘シーンの数少ない描写として、ジョン・フォードの記録映画撮影エピソードを取り上げてくれたことは、たいへん嬉しい。フォードが空いっぱいのゼロ戦(?)の来襲を見て「ビューティフル!」と叫ぶ。思わず、『この世界の片隅に』の、呉で初めての空襲のシーン、「こんな時に絵具があれば」というモノローグのシーンを思い出す。

 そして私が最も驚いたのは、何度か挿入される爆撃機で空母に急降下するシーンの画面造型だ。艦上からの対空砲火(高角砲、高角機銃)の銃弾ってあんなに多いのか。怖過ぎる。生きた心地がしない。これって過剰な映画的表現だと思うのだが(思いたいのだが)、事実はどうあれ、この過剰さこそ映画だと思うのだ。二度とゴメンだと思う気持ちも、それでも何度もトライする勇気も、強調されるのだ。

 あと、将校クラブのシーンでの「All or Nothing at All」 の歌唱場面は、もうちょっと聞きたいなぁと思ったのだが、エンドクレジットで長々と聞かせてくれる。ちゃんとクラブ歌手の描写付きで。これも私としては満足感がある。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。