コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 宇宙でいちばんあかるい屋根(2020/日)

オープニングの夜の空撮、これは美しい色遣いだ。戸建て住宅の街並みも美しい。桃井かおり・星ばあとの出会いのシーン。清原果耶のバストショットがいい。本作は清原のバストショットを愛でる映画ですね。
ゑぎ

 対して、このビルの屋上での夜空の風合いはVFXというか、ポストプロダクションの修正臭くて嫌い。鳥がシルエットで飛んだりするのも、CGででしょう。こんなクォリティなら要らんのに。

 桃井は、助演賞なら『一度も撃ってません』で取るべきだろう。本作の桃井は生真面目過ぎる。一度も屋根から退場する場面が描かれないのも私には物足りない。突然出現するのだから、突然いなくなる、でもいいし、夢のシーンではない、飛翔カットがあればいいのに、と思う(水溜まりに映るだけでなく)。坂道を降りていくロングショットで、飛んでほしかった。

 吉岡秀隆は『お帰り寅さん』のような酷い顔演技をしないのでホッとした。清原の造型は、中盤までは聡明だが、雨に濡れて帰宅した後、食卓でキレる場面は平板で幻滅。その代わり坂井真紀のレスポンスはいい。続く伊藤健太郎のバイクのシーンも、唐突過ぎて違和感がある。伊藤と清原の関係は、もう少し突っ込んで描いてもいいのに、と思った。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。