コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] パンク侍、斬られて候(2018/日)

冒頭の街道の場面での、綾野剛近藤公園のフルショットでのシネスコの使い方も良いと思うが、それ以上に、中盤までの屋内での画面造型とカッティングが面白い。例えば、豊川悦司と綾野のシーンの、2ショットでのカット割り。或いは屋内望遠カットの圧縮感も。
ゑぎ

 しかし、豊川は絶好調だ。國村隼の台詞回しもあらためて上手いと感じる。染谷将太もコメディパートとしては良い役で、この人が一番笑わせる。結局、中盤あたりまでは、そのぶっ飛び加減がかなり面白い映画だ。おおよそ、茶山−浅野忠信(登場のインパクト!)が出てくるあたりまで、或いは、ナレーションがデウスという名の猿だった、ということが分かる辺りまでか。デウス登場の際、目のアップで、これは間違いなく永瀬正敏の目だ、と分かる見せ方も(メイク含めて)とてもいい。

 ただし、後半のカオスの表現はもっと効果的な見せ方があるんじゃなかろうか。デジタル処理は安っぽい。あと、北川景子の登場シーンの照明は、イマイチ。なんか黄色っぽい画面が嫌だ。また、北川への寄り過ぎの構図が目立つ。ダンスが変なのはいいが、この人だけ肌の露出度が低い、というのはどうだろうか。

 その他、杓子定規な殿様・東出昌大、北川に惚れる密偵・渋川清彦、念動力を使う若葉竜也含めてキャラクターの描き分けと、きちんと見せ場を用意する演出は、大したものだと思う。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)もがみがわ[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。