コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] シング(2016/米)

私にとっては、物質的な質感のホンモノらしさがいちばんの驚き、見所か。洪水のシーンの水の質感など。縦横無尽なカメラの視点、その設計も驚愕もので、最初は目を瞠ったのだが、アニメーションなのだから、どんな制約も無くやれる、と思えば昂奮も薄れてくる。
ゑぎ

 劇場の瓦解は大げさ過ぎるが、過剰さは美点と思う。 プロット構成は、全体に予定調和の感がかなり強い。10万ドルが手元にない、ということも、劇場の瓦解も、なんかどうでもよくなる話の運びは、いい加減だ。ゴリラのジョニーとその父親の関係を筆頭に、キャラクター造型にも深みは無く、薄っぺらい。ま、そんな欠点をあげつらうのは野暮の骨頂で、歌唱シーンのカタルシスが欠点を帳消しにする部分は大きい。

 ネズミのマイクはブレない一貫性があり一番いいと思った。「My Way」歌唱時の画面のケレンが本作の白眉ではないか。あと、イグアナのミス・クローリーがいいキャラ。

#マイクとその彼女がクラブに入り、クマとポーカーをするシーンで『ソーシャル・ネットワーク』で見たような移動撮影まがいのカットがある。ダンスするフロアの俯瞰から上昇移動し、上階席の手すりの下をカメラが通ったように見せる。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。