コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 糸(2020/日)

ごめん、「小松菜奈のカツ丼」より「夏帆の牛丼」の方が泣ける。泣きにいったのに、絶妙に心の琴線に触れない。残念。物語の作りが『ハナミズキ』に似すぎている。楽曲にインスパイアされた脚本モノは駄作が多い、のかもしれない。
IN4MATION

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







もうこれだけすれ違ってたら他人だろ?ってくらいすれ違ってましたが、どことなく物語の転がり方が『ハナミズキ』に似ているような気がしました。無駄に長いところも含めて。

園田葵の友達・後藤弓の13歳を演じた子役の顔が榮倉奈々にそっくりなものだから、てっきり違う展開の物語を想像してました。

小松菜奈を見るつもりが榮倉奈々ばかり目に入ってきて、ふたりの演技力の差が如実に現れてました。小松菜奈が駄目というわけではなくて、多分脚本が駄目なわけで。

「菜奈」的にはもらい事故。

他にも、思うところは多々あって。

村田節子(倍賞美津子)はなんで葵を引き止めてまで香の死を伝えたんだろう、とか、シーンの繋ぎの余韻がないなぁ、とか、どっちかと言うとこれ「ファイト!」だろ?、とか、菅田将暉の歳のとり方の表現というか描写というか、いかんせん下手だなぁ(髪型くらい変えようや)、とか、思うことは多々あるけれど、平成元年から令和に変わるその日までを描いた、長い長いすれ違いの話でした。

正直、長かったです。

丼ものを泣きながら女の子がかきこむシーンはもう定番なんですかね?

泣かせようとする手段として。

だとしても「菜奈のカツ丼」より「夏帆の牛丼」(『箱入り息子の恋』)の方が泣けました。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。