コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 十誡(1923/米)

こんな映画だとは、露も知らなかった。単なる神話だけと思っていたが、この構成からみて第1部は、十戒とはこんなものですよ、という紹介編。作者がメインとしたかったのは第2部だろう。  
KEI

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







そもそも「出エジプト記」はモーゼの出生の秘密から始まり(本当はここが面白い)、そしてエジプトに来て9つの奇蹟を行う(これも面白い)ことが順次語られる。それらをすべてカットしたのは、どうせ聖書の荒唐無稽な話だろうと観客に言われるので、十戒に関係のない話は極力省いたからだ。ただ、客寄せの意味で、誰もが好きなシーン―分かり易いアクション活劇シーン、つまり海割れの大スペクタクルを入れてみた、という事だ。ところが、これが見事なシーンに出来上がり、大好評。後世に残ることになった[※1]。そうしてセシル・B・デミル監督は大いに落胆しただろうが、本命の第2部を取り上げる者は誰もいなくなってしまったのだ。

※1 主人公のセオドア・ロバーツが貧弱過ぎると思ったが、調べるとモーゼはこの時80歳だった(同記7章7節)。今のではなく、昔の80歳ならこんなモノかもしれない。

しかしこの本命の第2部は、ストーリーラインが端正で、展開も無理がなく分かり易く、いい物語に仕上がっている。 劇中出て来る不法建築は、姉歯事件(2005年)を思い出す。あの時私も建築業界に居たが、ある人に言わせると「姉歯さんはひどすぎたが、それ程でない不法建築はごまんとある」とのことだった。そういう世の中になっている(現在進行形)ということだ。

さて「十戒」というと、何が入っていたっけ?とあやふやな記憶しかないので、改めて確認してみた。

十戒。以下に要約。(原書に番号は付いていない)

1、私は唯一の神である

2、私の像を造ってはならない

3、神の名をみだりに唱えてはならない

4、安息日を聖とし、仕事をしてはならない

5、父と母を敬え

6、人を殺してはならない

7、姦淫してはならない

8、盗みはいけない

9、人について偽証をしない

10、人のモノを欲しがるな

1〜4は神に関わること。5〜10は人間としての在り方で、当たり前の事を言っている・・・と思ったが、本当にそうだろうか?

例えば、日本の現代(今は2020年)では、どの項目も重要視されていないのではないか。 人殺しはいつもある。[もっとも件数自体は減少と聞く]。

不倫もいつも週刊誌を賑わせている。

嘘は、国会においてさえ、いつも野党が叫んでいる「嘘をつくなー」。

強欲に財産を増やす―これが世の中だよ、大人になれ―と公言する人も多い。

1923年の現代ではなく、2020年の現代でも十戒―この映画は通用するだろう。と言うより、いつの時代も人間は、倫理観なんて持ち合わせていない、という事だろう。だから、逆に必要なのだろう。

今回聖書を読み返して、1つ気付いたこと。それは「父と母を敬え」の後にはこう記されているのだ。「なぜなら、あなたが長く生きる為である」。 神は、否、聖書を著した人は、人間をよく知っていた、とつくづく思う。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。