コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ヨーロッパ一九五一年(1952/伊)

物語をどこに収束させるのかと思っていたら、中々スゴいオチでした。現実っぽくないし、力業とも感じる。しかし、戦後混乱社会のみならず、現代にもある社会矛盾を寓話的にとらえたと解せば大いに納得できる作品だ。
(★4 KEI)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)寒山

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。