コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] トラフィック(2000/独=米)

パズル映画…対岸からは見えないピース、彼岸では最初からはまっているピース
kiona

テクニックが先んじているからといって、テーマ性が上がるわけではない。…が、下がるわけでもないだろう。個人的には、問題は別にあると感じた。

自分は、このパズル映画、ピースが一つだけ足りないのだと思った。それは…

いかにして普通の人間が麻薬に手を出すか、出したくなるかの過程とその描写である。

この映画には、何処にでもいるボンボンが遊び半分で麻薬に溺れていくエピソードや、何処にでもいる主婦が家庭の事情から売人になっていくエピソードが描かれている。

しかし、社会的な情勢を背景に大衆が必然的に麻薬に手を出すまでのもっとごくごく一般的なモデル、それはざっくばらんに言ってしまえば、アメリカ社会における敗北者たちの絶望と逃避のドラマということになると思うが、それが全く描かれていない。

そこに、まだ辛うじて対岸の火事であると言っていられる我々日本人は、断絶を感じるのではないだろうか?

しかし、これというのは、当のアメリカ人にとっては、描かれる必要もないアタリマエの事なのだろうと思う。自分には、ソダーバーグが、それらアメリカ人が実際に共有している“麻薬に手を出したくなるような社会的絶望、その絶望に抗せず堕落していく現実的な感覚”を言うにも及ばぬアタリマエの前提として、かなり深いところに切り込んだ結果、対岸の(我々の)感覚を置いてきぼりにすることになっただけなのではないかと思える。

そういう意味では、この映画の評価が高まるような(この映画を此岸の感覚として共有してしまうような)社会にはなって欲しくない。なりかけている現状に激しい危惧を覚える。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)JKF[*] 緑雨[*] シーチキン[*] marina[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。