コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] デトロイト・メタル・シティ(2008/日)

予告編を見て、これはひょっとして大変力のある、大変良くできた映画になっているんじゃないかと思って見に行ったところ、あんまりよくできてはいなかったが、パワーはある映画になっていた。
kiona

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







よわい三十二郎のわたくしですが、このテーマも、バンド音楽だのもまだまだ距離を置いたり、ケタケタ笑ったりでおしまいにできるほど大人ではございませぬ。代官山オシャレファックなカフェで主人公が撃沈するシーンとかもう、その記号性だけでなんだかいたたまれない気持ちになる。インディーズ大戦争のシーンとか、ラップバトルなんか腹かかえて笑ったし、ロケンパンクのお姉ちゃんかわゆす、これもやっぱりイコンだけでごはんいけます。

邦画エンタメにありがちな恋愛・家族・青春コーティングは安く、それが映画のレベルを露呈しているのは確かなんだが、問題はそれをやってしまっていることではなく、つきつめられるべきジャンルだとかファッションだとかをめぐる文化と価値観の差異というテーマ、でも、その差ってホントに差があるって言うぐらい大げさなもんなの?というアンチテーゼが、六分目で終ってしまっていることだと思う。別に映画化なんだから、原作がどうだろうと前向きなベクトルを持っていてもよく、でも、その前向きは「みんなの夢」なんて嘘八百にすりかえられるんではなくて、「ジャンル間の壁なんてぶっ壊してやる!」という気概に集約されるべきだったんだ。

そういう意味では、この映画で一番重要なシーンは、バトルの果てにジャック・シモンズ先生からの一子相伝が行われたにもかかわらず、クラウザーさんがラズベリー・キッスをかましてしまうくだりで、このシーンの、こんなレベルのコメディでのたかだがギャグに過ぎないはずのくだりにもかかわらず漂ういたたまれない気まずさこそ、このネタの核心であるはずで、映画はそれを出しておきながら、まったく回収できずに、チャンネル切り変えてしまったんだが、どうせ、この映画を見た人は、このシーンに一瞬でもとどまって欲しいと思うのだ。なぜなら、あの気まずさ、シモンズ先生も立場がない気まずさこそは、俺もあなたも誰もが内在させている体臭なのだから。

蛇足だが、ぶっちゃけねえ、俺はそもそも松雪泰子の女王様が見られりゃなんでもいいと思って見に行ったんだよ。で、実際、見てみたら、松雪泰子はイメージに反して、こういうキャラクターの遺伝子がビタイチない人だということが解った。がんばっている「演技」ではあったんだが、俺は遺伝子のにおいをかぎたかったんだ。ま、なくて当然ちゃ当然なんだが。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)秦野さくら[*] Myurakz[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。