コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 教授と美女(1941/米)

7人の老教授たちもいい年してるのに絶倫だな。
24

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







脚本の出来が最高。

徹頭徹尾、自分の専門分野には知悉しているが世間知らずという世間の「教授」に対するイメージを誇張している。悪者の撃退法から事故の言い訳までとことん学問を絡ませている。喧嘩の仕方までボクシングの本を読ませるこだわりぶり。それらがしっかりとコメディに仕上がっていて観ていて小気味良い。

全体的に見てストーリーが洗練されている。強引な展開など存在しない。言語学教授の主人公が俗語調査のため街に繰り出す序盤から、犯罪組織の美女を噛み合わせる流れも自然だ。恋愛感情の引き出し方も巧いし、見事だと思ったのが終盤教授たちが侵入者に逆襲するシーン。画面に引きつけられた。

それとクーパーが超はまり役。生真面目だがどこか抜けている役をやらせたら天下一品だ。大男なのにかわいさも兼ね備えているのだ。終盤のファイティングポーズなんか特に微笑ましい。どんくさい教授でありながら美女のハートを最終的には射止める設定にも違和感が感じられない。モテ男とダサ男の二面性を持った稀有な俳優だと再認識させられた。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)なつめ[*] Orpheus 太陽と戦慄

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。