コメンテータ
ランキング
HELP

もがみがわさんのコメント: 更新順

★3主戦場(2018/米)右翼には、もう少し頭いい人材がいたんじゃないかとは思わなくはない。あれが実態かもという気もしなくはないような。でもあの人選は多分に恣意的だと思う。 [review][投票(2)]
★3ハウス・ジャック・ビルト(2018/デンマーク=仏=独=スウェーデン)グールドもボウイも、だいぶヘンな人かもしれないと思いたくなってしまうような、そういう映画でしたよ。 [review][投票]
★4教誨師(2018/日)偽善に陥りやすい主人公の設定がそうである必然を、徐々に説明していく脚本の説得力が深い。 [review][投票]
★3ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)音楽にはオリジナルへのリスペクトを感じた。造形は、日本人とは感覚が違うってことなんですかね。そして、家族のストーリーがいかにもな安っぽいアメリカンでした。画面がずっと暗くて、老眼にはつらかったです。[投票(2)]
★5キングダム(2019/日)思い切って書く。私は『スター・ウォーズ』より好き。 [review][投票(1)]
★3翔んで埼玉(2018/日)麿赤兒が、まんま四半世紀前の大駱駝艦だった。眠らなかったので+1。[投票]
★3運び屋(2018/米)ブラッドリー・クーパーって、クリント・イーストウッドが監督だと、どうしてダイコン風味なの? 『アメリカン・スナイパー』もだいぶダイコンだったよね。自分の監督作品ではあんなに素晴らしかったのに。 [review][投票(1)]
★4ブラック・クランズマン(2018/米)スパイク・リー怒るわな。あんなファンタジーに負けたらね。 [review][投票]
★5ROMA/ローマ(2018/メキシコ=米)映像が好き。シンメトリーな画角の撮り方がもう大好き。予算がつかないからNetflixだったってことは、映画文化の後退としか思えないわけで。[投票]
★3グリーンブック(2018/米)所詮『メリーに首ったけ』の人が監督した映画。なんて言ったら怒られるよね。 [review][投票(4)]
★4スパイダーマン:スパイダーバース(2018/米)何なの? この映像体験は! ストーリーはアメリカによくある、力を合わせて巨悪を倒すシンプルな勧善懲悪だけど、そんなことはもうどうでもよくて、アニメーションの色彩と動きを堪能するための映画。あ。実写版『スパイダーマン』ファンには嬉しいシーンもちゃんとあります。[投票]
★3女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)歴史の参考書と重ねてエロ本買う高校生男子の気分? レイチェル・ワイズの射撃と乗馬がほんとにステキ。エマ・ストーンも美しいです。でも、浅い映画でびっくりした(笑)[投票]
★5ファースト・マン(2019/米)アポロ11号が月面着陸を果たし無事に帰還したことを私たちは知っているのに、もしかしたらこのミッションは果たせないのかもしれないと思わせる演出の見事さよ。でも、この映画の本質はそこじゃないと思う。チャゼルは好きじゃなかったのに。脱帽な気分です。 [review][投票(2)]
★4バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015/インド)バジュランギはおじさんじゃないし、迷子は言うほど小さくない。日本語タイトルはだいぶ間違ってると思う。原題はブラザー・バジュランギって感じらしい。ええ話だし、インド映画お約束の歌とダンスもちゃんと入ってます。泣きます。[投票]
★3レナードの朝(1990/米)原題のAwakeningsは多分に宗教的な意味合いを持つ言葉なので、そういう目で見始めたのだが、おそらく英語圏のクリスチャンもその意味を考えながらこの映画を観るんじゃないかと思う。私にはこれは美談とは思えないのだが、美談のくくりの実話なんですよね?  [review][投票(2)]
★4アリー/スター誕生(2018/米)ジュリー・ガーランドのもバーブラ・ストライサンドのも観てないので、こんなストーリーとは知らなかった。知らずに観てよかったです。 [review][投票]
★4来る(2018/日)とても中島哲也な映画。スプラッタは好きじゃないけど血は平気なので、怖くはありませんでしたよ。[投票]
★3華氏119(2018/米)ドキュメンタリーとは言え全部真実かと言ったらそうでもないんだろうとは思う。こんな映画が公開できるんだからアメリカは健全なんだろう。[投票]
★3ハード・コア(2018/日)松たかこの無駄遣いはいったいなんだったの(笑)? [review][投票(1)]
★4グレイテスト・ショーマン(2017/米)音楽や編集がすごく好み。それ以上でも以下でもなく。 [review][投票(1)]